*

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと
健康になるといった、ブームがありました。

具体的になぜ良いのか?と言うところを改めて書いていこうと思います。

ワインの原料はご存知の通り「ぶどう」です。
ぶどうをはじめ果物には、体に良い成分が多く含まれておりふどうには
ミネラル・ビタミン・ポリフェノールなどが多く含まれています。

ワインはその作り方の特性上、ぶどうに含まれる成分をそのままワインの
中に閉じ込めておく事が出来るのです。
なのでワインを飲む事でぶどうを食べたのと同じ成分を吸収できると言っても
過言ではありません。

また、ワインには以下の病気の予防や対策になると言われています。

【アルツハイマー】
上述した通り、ワインの中にはほんとに多くの「ミネラル」が含まれています。
そのミネラルのうち、マグネシウムがアルツハイマーの予防に適している
と言われています。
具体的には、マグネシウムは脳細胞の活性化に役立ちまた、ワインを飲めば血が

さらさらになると聞いた事があるかもしれませんが、これはこのマグネシウムが
役割を果たしてくれています。

【高血圧予防】
ビール好きの皆様はやはり味の濃い肴が抜群だと思いますが、食べすぎると
塩分の取り過ぎなどによって生じる高血圧症になります。
ワインに含まれるミネラルのうち「カリウム」は体内のナトリウムと結合し、
塩分を減少させ高血圧予防に繋がると言われています。

【ガン予防】
ポリフェノールには、動脈硬化やガンの予防になると言われています。
また、ワインにはレスベラトロールと言うポリフェノールの一種があり、
それには特に殺ガン物質が多く含まれています。

他にもまだまだ体に良い成分はありますが、以上に挙げた物が突出して
良いと言われているものです。

しかし・・・

やはり何事も適量が大事ですのでワインも飲み過ぎると体には悪いので
飲み過ぎない様にご注意してください。


sponsored link

関連記事

no image

ワインのカクテル(3)

・スプリッツァー これもワインを使ったカクテルの代表と言えるものでしょう。ドイツ語ではじけると

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(3)薬酒の歴史

薬酒は世界中に様々なものがありますが、中でも有名なのは生薬・漢方の本場である中国のものでしょう。中国

記事を読む

no image

ビールは痛風の原因になる?2

さて、ではなぜビールが痛風の原因になると言われるのでしょうか。これは、ビールにプリン体が含まれている

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

芋焼酎はお湯割りで

芋焼酎といえば、他の焼酎に比べて香りが豊かなことが特徴です。鹿児島人からするとほとんどなじみのない飲

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑