*

日本のビール(アサヒ編)

日本にも沢山のビールがあります。
その中でも私が特に好きなアサヒビール(スーパードライのアサヒさんです)
について今日は書いていこうと思います。

ちなみにアサヒビールの歴史に関しては
アサヒビールの歴史詳細
に詳しく纏められていましたので興味のある方は是非拝見してみてください。

アサヒビールは私の家から30分程のところの大阪 吹田に工場があり、
見学や試飲なども随時出来るそうです。
確かJRの吹田駅近くだったような気がします。
アサヒビールホームページ

東京上野近くの吾妻橋からみえるあの謎の建物(モニュメント?)もアサヒビールです。
Unknown

アサヒビールと単に一言で言っても最近は本当に色々な種類のビールが出ています。
発泡酒や第三のビールも出ていますね。

当たり前のところから挙げていくと
・アサヒ スーパードライ (銀色の缶が目印です)
・ドライプレミアム (金色の缶が目印で福山さんがCMをされていたかと思います)
・アサヒ スーパードライ ドライブラック
などなど。
私も最近知ったのですが、あの沖縄で有名な「オリオンドラフト」もアサヒ製でした。

ほんとにたくさんの種類があります。
商品紹介は上記のアサヒビールホームページより
確認出来るのでまた見てみてください。

上述した通り私はアサヒビールがほんとに好きです。
家で飲むビールの7割ぐらいはアサヒだと思います。
(基本アサヒの24缶ケースを買っています)

また、居酒屋やバーを選択する時に「アサヒビール」があるかどうかってのも
大きく影響するぐらい、「アサヒ」派です。

勿論これを読まれている方の中にはプレミアムモルツ派やえびす派、
キリン派と色々居てるかもしれませんが、私が思うアサヒの良いところは
所謂「のどごし」です。少し大げさに言うと、喉を通った瞬間に
「喉を締め付ける」ような感触さえあり、「ビールを飲んでる!」
という感じをすごく感じる事が出来ます。

ある意味で言うと、ビールの苦手な方には特に受け入れがたいのかもしれません(苦)


sponsored link

関連記事

aeygt

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

○第3のビール 第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25

記事を読む

no image

キューバリブレの話(2)

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバ

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

その他のおすすめ黒糖焼酎

朝日 奄美大島の酒造である朝日酒造で作られている黒糖焼酎が「朝日」です。この名前はもちろん、朝

記事を読む

no image

ビールができるまで(3)

ここから、いよいよアルコールを造る作業に入ります。まずは1次発酵であり、これに1週間を要します。麦汁

記事を読む

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(3)

・ズブロッカ ズブロッカは日本でも売られており、愛好する日本人も多いため知っている人も多いこと

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(2)

・ヒンドゥー教=好ましくない ヒンドゥー教は神道と似ており様々な神様が存在し、さらには教典もあ

記事を読む

  • 2019年11月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑