*

二日酔いの予防1

公開日: : お酒, 雑学 , ,

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、
本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水割りにしたりと
アルコール摂取を控えると事に意識がいきがちかもしれません。

しかし、飲む前や飲んだ後に色々と対策を行う事で二日酔い予防に
繋がります。具体的には

【飲酒前】
 いわゆる、空きっ腹で飲酒を行う事を極力避けましょう。
 飲酒だけではなく、飲食に置いても空きっ腹の状態でご飯を食べるといつもより
 吸収率があがります。よりおいしく感じるのはそのせいかもしれません。
 アルコールも同じです。確かに空きっ腹で飲んだ方が特にビールの場合喉の
 潤いも断然違います。しかし、その分吸収が早いため酔いが早くなります。
 結果、「血中アルコールの濃度のピークが早くなる」や「低血糖症を早める」
 原因になります。

 特に「低血糖症を早める」と言う行為は二日酔いに大きく影響しますので
 空腹でのアルコール摂取は極力控える様にしましょう。

 しかしどうしても空きっ腹にアルコールと言う状況を避けられない場合も
 あると思います。そういう時は、脂肪を少しでも早い段階で取る様にしましょう。
 具体的には、オリーブオイルやバター類、後はピーナッツ類を少しでも
 食べることで効果は現れると思います。
 例えばサラダに入ってるドレッシングやバーなどで振る舞われるつきだしには
 ピーナッツ類が入っている事が多いと思いますので極力先に食べる様にしましょう。
 


sponsored link

関連記事

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(3)

○水割り そしてなんといっても、美味しく簡単に作れる焼酎の飲み方の定番、水割りも夏に欠かせない

記事を読む

no image

古くなったビールを活用する

ビールは保存条件によって賞味期限が大幅に変動するため、賞味期限が明記されていません。しかし、国内のメ

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

1990724

ワインとグラス(2)

・まろやかで甘い白ワイン 次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持ってい

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

f16fe9e532fccdff56230b26c1f3222d

世界的に有名な食後酒

・イエガーマイスター 世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイ

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑