*

日本酒ランキング

公開日: : お酒, 日本酒

2015年もめでたくあけましたが、私個人的にですが正月になると日本酒を飲む機会が多くなります。

実家に帰り親や親戚とわいわいする事も多く、お酒好きの年配が多い我が家系では
乾杯を日本酒でなんて事も良くあります。
皆さん色々な日本酒を持ち寄ってくれるおかげでいろんな種類の日本酒を飲む事が出来ます。

私が日本酒を飲む様になったのはつい最近の話なのですが、色々飲んだ中での
私的日本酒ランキングを記載していこうと思います。

第二位 加賀鶴「純米大吟醸」
●日本酒度:+5
●アルコール度:14.8
●産地:石川県
●製造元:やちや酒造
石川は酒蔵も多く、日本酒好きにはたまらない街ですが、
ふらっと加賀に旅行に行った際にたまたま出会った一杯です。
お米の味をしっかりと感じる事ができ、石川の魚介類ともぴったりでした。

第二位 楯野川
●日本酒度:±0
●アルコール度:15.0~16.0
●産地:山形県
●製造元:楯野川酒造
アルコール度数の割にはそれほどきつくは感じない一杯となっております。
しかし日本酒独特の旨味を存分に感じる事が出来ます。
これを飲みだすといつも飲み過ぎるので皆さんご注意下さい。

第一位 久保田「大吟醸」翠寿
●日本酒度:+6
●アルコール度:14.0~14.9
●産地:福井県
●製造元:久保田酒造
すっきりと飲みやすく辛めの酒の割に辛さ独特の後味も無く、どちらかと言うと
フルーティな味わいです。
男性のみならず、女性にもお勧めできる一杯だと思います。

あくまでも個人の感想ですので皆様オススメの日本酒があれば教えてください。


sponsored link

関連記事

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、

記事を読む

no image

ワイン生産が盛んな国

ワインの生産のためにはブドウが必要であるため、世界の中でもワイン生産が盛んな国と言うのはブドウの生産

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

赤ワインの効用

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大

記事を読む

no image

ビールのお供にザワークラウトを

ザワークラウトはドイツの国民食とも言うべきもので、ドイツ料理に頻繁に登場するキャベツの漬けものなので

記事を読む

no image

日本人と酒 15

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

1syoumasu-hinoki

升酒の正しい飲み方

最近では升酒でお酒を飲むことはほとんどなくなりましたが、今でも何かの祝いの際には升酒を飲む習慣があり

記事を読む

no image

日本人と酒 4

さて、ヤマタノオロチについてはいくつかの説があります。 最も有名な解釈は怪物説であり、スサノオ

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑