*

血糖値が高いとビールはNG?

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 お酒, ビール

ビールは本来健康によい効果をもたらすものですが、血糖値が高い人にとってはNGです。なぜならば、ビールには糖質が多いため、血糖値を挙げる原因を作ってしまうからです。

それに血糖値が高い人は食事制限が必要であるということを考えても、食欲を増進するビールは好ましいとは言えません。少しだけ・・・と思ってビールを飲んだらセーブが効かなくなって暴飲暴食をしてしまった、などと言うことになる可能性も否定できません。

もし血糖値が高いけれどもビールが好きで好きで仕方ないならば、糖質0の発泡酒を飲むとよいでしょう。発泡酒とビールでは原料に差があるため、完全に同じ味を求めることはできませんが、各ビールメーカーの努力は素晴らしく、非常に味が近いと言えるものも登場しています。

したがって、食事制限中は発泡酒で我慢しておき、ビールは血糖値が正常化したときの楽しみに取っておきましょう。血糖値が正常な人も、あまりにたくさんのビールを飲み過ぎることは避けたほうがよいでしょう。

ただし、「糖質ゼロ」や「糖質オフ」と表記されているものであればいくらでも飲んでいいというものではありません。糖質オフのものにはいくらかの糖質が含まれているものですし、糖質ゼロを謳っていても微量に含まれている可能性があるからです。

あまり神経質になる必要もないでしょうが、飲みすぎはNGと考えておきましょう。


sponsored link

関連記事

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

日本人と酒 15

このように、日本では独酌というものが行われるようになったのはごく最近のことなのです。もっとも、大きな

記事を読む

no image

朝酒はなぜ効くのか

朝からお酒を飲むと、夜ならばなんともない量であっても、結構酔いが回ってしまうというのは、朝酒をやった

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

no image

日本酒風呂のすすめ

日本酒は美容効果が非常に大きいお酒ですが、単に飲むだけではなく、お風呂に日本酒を入れた「日本酒風呂」

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑