*

フランス流飲みすぎ対策

公開日: : 最終更新日:2015/02/22 お酒, 雑学

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでしょうか。彼らの方法を学ぶと飲みすぎを防止することができ、二日酔いをする確率もぐっと下がります。

・ワイン一杯にお水一杯

一つめは、ミネラルウォーターを飲みながらワインを飲むと言う方法です。特徴としては、ワインとミネラルウォーターをそれぞれ用意するのではなく、ワインとミネラルウォーターのグラスは共用と言うことです。ワインを一杯飲みほしたら、ミネラルウォーターを注いで水を飲みきらなければ次のワインを飲めないようにするのです。

 

・スパークリングウォーターをチェイサーにする

二つ目の方法は、チェイサーを炭酸水にすることです。これを食事中に飲むと、口の中がさっぱりとします。そのため料理やワインの味をより楽しめるようになります。さらには炭酸の効果で満腹になりやすいため食べ過ぎを防ぎ、さらには消化を促します。これによって、飲みすぎも防ぐことができるのです。


sponsored link

関連記事

no image

カクテルで激しくシェイクする理由

バーでカクテルを注文すると、バーテンダーは専用のシェイカーに材料を入れ、激しい動作でシェイカーをシェ

記事を読む

images

日本のビール(アサヒ編)

日本にも沢山のビールがあります。 その中でも私が特に好きなアサヒビール(スーパードライのアサヒさん

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

お酒に関する資格(2)

・ビアテイスター ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があ

記事を読む

no image

白ソーセージの正しい食べ方

白ソーセージと言えばミュンヘンの名物で、仔牛の肉、パセリ、レモンなどを入れた白いソーセージを茹でて食

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(1)色

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイステ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

  • 2019年10月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑