*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(8)

公開日: : 最終更新日:2015/02/20 お酒, 雑学

酒吞童子は身動きは取れないものの意識はあり、

「良くも騙したな、貴様ら」

と恨めしそうに言いました。そういう酒吞童子に6人は殺到し、次々に斬りかかり、ついに頼光は酒吞童子の首を斬り落としました。しかし酒吞童子も鬼の統領、いくら神便鬼酒が効いているからと言って、簡単にやられるようなことはありません。頭だけになった酒吞童子は頼光に襲い掛かり、その頭に食らいつきました。普通の兜ならば頼光の頭はもっていかれていたでしょうが、幸いにも頼光は老人からもらった幻の武具「ほし兜」を身に着けていたため酒吞童子の牙を通すことなく、一命を取り留めたのでした。

しかしこれで終わりではありません。居館の外には無数の鬼たちがひしめいているのです。そこからは鬼の掃討戦が始まり、酒吞童子の相棒の茨木童子をはじめとした数匹の鬼が襲いかかってきます。しかし6人は奮闘して鬼たちを退け、見事酒吞童子一味を壊滅させたのでした。


sponsored link

関連記事

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

アルコール依存症の恐怖

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっ

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(4)

・ちょびっと乾杯シリーズ   ちょびっと、というネーミングが非常にかわいらしい

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑