*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 お酒, 雑学

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。

「わしも本当は都に住みたいと思っている。しかしその頼光というやつと、頼光の配下には邪魔くさい奴がいっぱいいるのだ。中でも渡辺綱というやつに、和紙の相棒の茨木童子は腕を斬られてしまった。そいつらのせいでわしは都にいけないのだ」

そして酒吞童子は酔った目を一行に向け、

「ところで気になっていたのだが、お前たちは頼光たちに似ている気がするのだが・・・底の男など、特に渡辺綱に良く似ている」

と渡辺の方を見ました。しかし頼光の機転でうまくごまかし、疑いを晴らしたら酒吞童子にお酒をどんどん勧めていきました。そしてさすがの酒吞童子も、神便鬼酒を飲んでいくにつれて、どんどんこの幻のお酒の毒がまわっていきました。やがて酒吞童子は、

「さて、わしは少し眠くなってきたので奥で寝てくるとする。気を使わずにゆっくりとくつろいでいってくれ」

と上機嫌で奥へとはいっていきました。

 


sponsored link

関連記事

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

お燗のポイント(2)

燗をつける時に電子レンジで漬けることがありますが、これは良くありません。やはりお燗をする時には鍋にお

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(2)

精米後の米は水で洗い、蒸し、これに麹をふりかけて麹菌を増やします。この工程を製麹といいます。このあと

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?2

  開栓後のワインを上手に保存するためには3つの方法があります。 1、ボトルを

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

20101002160919

ワインとグラス

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があ

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

no image

ワインボトルの形の違い

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々

記事を読む

no image

白ソーセージの正しい食べ方

白ソーセージと言えばミュンヘンの名物で、仔牛の肉、パセリ、レモンなどを入れた白いソーセージを茹でて食

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑