*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 お酒, 雑学

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は

「どうだ、おいしいだろう」

と言うので、頼光はこれにこたえて

「最高においしいです。私たちは修行の身の僧であるため、本来ならば肉は食べてはいけないのですが、どんなものでも与えてくださったものはありがたく頂くのが当然です」

といいました。これを持って酒吞童子は頼光たちを信用することになり、祝杯を上げることになりました。

初め普通のお酒を飲んでいたのですが、頼光たちの肝が据わった態度に酒吞童子の警戒心は薄れ、どんどんお酒がすすみます。さしもの酒吞童子もだんだんと酔いが回って、饒舌になりました。そして酔った口調で自分の身の上を話始めました。

「わしは昔から法師が嫌いでたくさんの法師を殺してきた。比叡山がわしのお気に入りだったのだが、伝教大師というやつから追い出されてしまった。しかし大江山はわしのものになった。都から娘をさらって毎晩楽しんでいる。都には頼光と言う極悪人がいてだな・・・」

頼光一行は心臓が口から飛び出んばかりに吃驚しました。


sponsored link

関連記事

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(3)

○にんにく酒 しょうが酒は比較的よく知られていますが、にんにく酒と言うのもあります。熱燗にした

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

日本酒風呂のすすめ

日本酒は美容効果が非常に大きいお酒ですが、単に飲むだけではなく、お風呂に日本酒を入れた「日本酒風呂」

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

焼酎の甲類・乙類の違い(4)

なかには甲乙混和焼酎と言うものもあります。これは甲類と乙類を混ぜた焼酎であり、風味や味わいに乏しい甲

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑