*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 お酒, 雑学

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は

「どうだ、おいしいだろう」

と言うので、頼光はこれにこたえて

「最高においしいです。私たちは修行の身の僧であるため、本来ならば肉は食べてはいけないのですが、どんなものでも与えてくださったものはありがたく頂くのが当然です」

といいました。これを持って酒吞童子は頼光たちを信用することになり、祝杯を上げることになりました。

初め普通のお酒を飲んでいたのですが、頼光たちの肝が据わった態度に酒吞童子の警戒心は薄れ、どんどんお酒がすすみます。さしもの酒吞童子もだんだんと酔いが回って、饒舌になりました。そして酔った口調で自分の身の上を話始めました。

「わしは昔から法師が嫌いでたくさんの法師を殺してきた。比叡山がわしのお気に入りだったのだが、伝教大師というやつから追い出されてしまった。しかし大江山はわしのものになった。都から娘をさらって毎晩楽しんでいる。都には頼光と言う極悪人がいてだな・・・」

頼光一行は心臓が口から飛び出んばかりに吃驚しました。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 10

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

Unknown

赤ワインの染み抜き

赤ワインを飲む際は、衣類にこぼしたりしないように注意を払って 飲まなければいけないと思います。

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

sake26

日本酒の管理・保存(3)

日本酒の保存方法の目安となるものに、「火入れ」がなされているかどうかということがあります。火入れとい

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(1)

世界の人種を大別すると、モンゴロイド、ネグロイド、コーカソイドに別れ、日本人はモンゴロイドに含まれま

記事を読む

  • 2020年4月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑