*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 お酒, 雑学

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはただの旅をしている僧であり、修行のために山を歩いていたところ、道に迷って酒吞童子のもとへたどり着いたといいます。そしてそれも何かの縁だろうと思い、一晩宿を貸してほしいとお願いしたいのだ、といいました。もちろん

「お礼と言ってはなんですが、ちょうど持参していた幻のお酒は差し上げます」

と伝えて。

すると酒吞童子も少し上機嫌になり、

「道に迷って今着いたなら、腹が減っているだろう。まず何か食わせてやろう」

と案外優しいことを言います。しかし酒吞童子は頼光たちを完全に信用しているわけではなく、まずは度胸試しをするために、さらった娘の生き血と娘の体を酒の肴として頼光たちに勧めました。

頼光は酒吞童子の信頼を得られなければ神便鬼酒を飲ませることもできないので、思い切りよく娘の生き血を飲みほし、娘のもも肉を豪快に食らうのでした。


sponsored link

関連記事

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(5)

最後に日本酒の保存期間ですが、これは何とも言い難いところです。日本酒には基本的に賞味期限がないのです

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(4)

日本酒に限った事ではありませんが、やはり開封後は低温で保存し、早めに飲みきることが大切です。栓を開け

記事を読む

no image

お勧め商品一覧

ABCDE ★ 報酬高asp2商品 ★  各1個ずつ注文お願いします。 ホソカワミクロ

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

no image

ビールは痛風の原因になる?2

さて、ではなぜビールが痛風の原因になると言われるのでしょうか。これは、ビールにプリン体が含まれている

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

メキシコ流のテキーラの飲み方

  テキーラはショットグラスでストレートで飲むイメージを持っている人もいることでしょ

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

  • 2020年7月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑