*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 お酒, 雑学

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはただの旅をしている僧であり、修行のために山を歩いていたところ、道に迷って酒吞童子のもとへたどり着いたといいます。そしてそれも何かの縁だろうと思い、一晩宿を貸してほしいとお願いしたいのだ、といいました。もちろん

「お礼と言ってはなんですが、ちょうど持参していた幻のお酒は差し上げます」

と伝えて。

すると酒吞童子も少し上機嫌になり、

「道に迷って今着いたなら、腹が減っているだろう。まず何か食わせてやろう」

と案外優しいことを言います。しかし酒吞童子は頼光たちを完全に信用しているわけではなく、まずは度胸試しをするために、さらった娘の生き血と娘の体を酒の肴として頼光たちに勧めました。

頼光は酒吞童子の信頼を得られなければ神便鬼酒を飲ませることもできないので、思い切りよく娘の生き血を飲みほし、娘のもも肉を豪快に食らうのでした。


sponsored link

関連記事

fantasutic

日本酒のカクテル(2)

○撫子 日本酒を甘酸っぱく味付けしたカクテルです。日本酒が苦手な人や女性でも飲みやすいカクテル

記事を読む

no image

カクテルで激しくシェイクする理由

バーでカクテルを注文すると、バーテンダーは専用のシェイカーに材料を入れ、激しい動作でシェイカーをシェ

記事を読む

O_7456005

高アルコールビールって知ってる?(1)

夏はビールが美味しいのですが、ビアガーデンに行くといつも思うことがあります。最初は意気込んで行き、最

記事を読む

no image

ビールの効用~間違い編~

インターネットなどでビールの効用を調べてみると実に様々な効用が挙げられています。それらの多くは確かな

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

脳がアルコールを欲しがる?

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達している

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(2)

2、精米歩合 これは、原料米がどれくらい精米されたものであるかを示すものです。精米歩合が低く、

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(3)

・キリスト教=ワインは神との契約の証 キリスト教とお酒の関係は深いと言えるでしょう。キリストが

記事を読む

  • 2021年9月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑