*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 お酒, 雑学

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、丹波の大江山に住んでいたと言われます。お酒が大好きであったことから彼の部下からこのように呼ばれていました。

さて、一条天皇の時代し、京都の若い女性が次々に神隠しに合うと言う事件が起きたため、天皇は安部清明に占わせました。すると、酒吞童子の仕業だとわかったため、天皇は源頼光をはじめとした屈強の侍たちを征伐に向かわせます。源頼光、渡辺綱、坂田金時、卜部季武、碓井貞光、藤原保昌の6人です。このうちの坂田金時と言えば金太郎のことです。皆さんにもなじみのあるヒーローですね。

さて、6人は会議をし、普通に攻め込んだのでは勝ち目がないと言うことで、変装して酒吞童子の住む大江山に入ることにしました。すなわち山伏に変装して鬼を欺く作戦です。

しっかりとお祈りとお清めをして、全員が無事で帰ることは難しいかもしれないという覚悟の元に大江山へ出発しました。


sponsored link

関連記事

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(4)

・ちょびっと乾杯シリーズ   ちょびっと、というネーミングが非常にかわいらしい

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(1)

夏に飲みたいお酒といえば何といってもビールであり、モヒートなども最近では人気です。では、冬はどのよう

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

26079494

大阪のおすすめ居酒屋・バー(大阪・梅田(北)編1)

本日は、私が大阪・梅田で本当にお気に入りの焼鳥を紹介したいと思います。 こんなブログを書いててなん

記事を読む

no image

自家製梅酒の作り方

夏バテに効果のある梅酒を自宅で作ってみましょう。以下にオーソドックスな梅酒の作り方を解説します。

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

  • 2019年1月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑