*

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

公開日: : 最終更新日:2015/02/17 お酒, 雑学

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、丹波の大江山に住んでいたと言われます。お酒が大好きであったことから彼の部下からこのように呼ばれていました。

さて、一条天皇の時代し、京都の若い女性が次々に神隠しに合うと言う事件が起きたため、天皇は安部清明に占わせました。すると、酒吞童子の仕業だとわかったため、天皇は源頼光をはじめとした屈強の侍たちを征伐に向かわせます。源頼光、渡辺綱、坂田金時、卜部季武、碓井貞光、藤原保昌の6人です。このうちの坂田金時と言えば金太郎のことです。皆さんにもなじみのあるヒーローですね。

さて、6人は会議をし、普通に攻め込んだのでは勝ち目がないと言うことで、変装して酒吞童子の住む大江山に入ることにしました。すなわち山伏に変装して鬼を欺く作戦です。

しっかりとお祈りとお清めをして、全員が無事で帰ることは難しいかもしれないという覚悟の元に大江山へ出発しました。


sponsored link

関連記事

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

ビールができるまで(3)

ここから、いよいよアルコールを造る作業に入ります。まずは1次発酵であり、これに1週間を要します。麦汁

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

日本人と酒 13

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1

記事を読む

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(2)

○パナシェ ビールベースのカクテルです。日本人にはビールはそのまま飲むというイメージの人が多い

記事を読む

  • 2019年12月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑