*

お酒の妖怪・のた坊主(2)

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 お酒, 雑学

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、どう料理してやろうかと考えていたところ、店主の母親が現れ、かわいそうだから縄を解いてあげなさい、といいました。

しかし酒蔵の人々は口々に「そんなことをしたらまたお酒を取られてしまいます」と言います。すると母親は「この坊主が酒を盗みに来て困るならば、逆にこいつのところへ毎年お酒を届けてやるようにしなさい」といいます。

皆わけがわからなかったものの、店主の母親が言うことであるし、仕方なく命令に従って解放し、毎年お酒を届けるようにしました。するとそれ以降、酒蔵の酒の評判が急上昇し、大繁盛したといいます。のた坊主の恩返しだと、酒蔵の人は口ぐちに言いました。

お酒を盗み飲みするずるい妖怪であるものの、憎めない妖怪であり、のた坊主の逸話は妖怪を救った人間に、妖怪が恩返しをする典型的な逸話として、一部の地方では親しまれています。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒ロック(1)

日本酒の飲み方の一つとして、日本酒ロックというものをご存じでしょうか。あるいは、そんな呼び方とは知ら

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(1)色

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイステ

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

no image

キューバリブレの話(1)

キューバのカクテルにキューバリブレと言うものがありますが、キューバリブレはキューバが独立する歴史の途

記事を読む

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑