*

お酒の妖怪・のた坊主(1)

公開日: : 最終更新日:2015/02/16 お酒, 雑学

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書くにあたって、今日はお酒の妖怪の事を書こうと思います。

この妖怪は、のた坊主といいます。酔っぱらってのたのたと歩くことから名づけられた名前であり、古狸の化けた妖怪であるといいます。この妖怪はとにかくお酒が好きです。

愛知県に伝わる伝承によると、のた坊主は酒蔵に入り込んでできたてのお酒を勝手に飲み、いい気分になるとのたのたとその場を立ち去るのだそうです。

しかし、酒蔵もこの妖怪をただ見過ごすようなことはありません。ある年、のた坊主が酒蔵にやって来ると、酒蔵の人々は何も言うことなくせっせと働いていました。のた坊主はこれはラッキーと思って、できたての酒をたらふく飲みました。

もちろんこれは酒蔵側の罠です。安心していつも以上に酒をのんだのた坊主はふらふらになるのですが、酒蔵の従業員は総出でのた坊主を捕まえて縄で縛りあげてしまいました。

 

(2)につづく


sponsored link

関連記事

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

ビールのおいしさを保つための保存の方法

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(4)

・ちょびっと乾杯シリーズ   ちょびっと、というネーミングが非常にかわいらしい

記事を読む

orange-mikan12

世界の強いお酒(5)アランチェッロをつくろう

先ほどの記事ではリモンチェッロを作りました。スピリタスは果実酒に適したお酒であるため、他の果実酒にも

記事を読む

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

26079494

大阪のおすすめ居酒屋・バー(大阪・梅田(北)編1)

本日は、私が大阪・梅田で本当にお気に入りの焼鳥を紹介したいと思います。 こんなブログを書いててなん

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(2)

○オンザロック この飲み方は定番ですね。夏も冷えた焼酎を美味しく飲みたいものです。ポイントはで

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

  • 2019年5月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑