*

はずれワインの活用法(2)

公開日: : 最終更新日:2015/02/14 お酒, ワイン, 日本酒

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気においしいものにすることができます。

 

1、適量のはずれワインに、シナモン、クローブ、カルダモンといったスパイス類を加えて、砂糖とレモン汁を加えます。この世気に使うスパイス類は、市販の粉末状のものを使っても問題ありません。

2、電子レンジに入れ、沸騰しないように温めます。鍋で湯煎にかけてもよいですが、その時には小さめの鍋を使うのがベターです。もし沸騰させたり、大きな鍋で湯煎にかけたりすれば、香りとアルコールが逃げてしまうので注意してください。

3、このワインを茶漉しに通すことで、スパイスを除けば出来上がりです。

 

このほか、より簡易的な方法として、キンキンに冷やして飲むことでも案外おいしく飲めてしまうものです。サングリアやホットワインで外れワインを無駄なく楽しみましょう。外れワインは料理に使うにしても、ワインをそれほど大量に使う料理をつくることもないため、このようにすることでおいしく飲めるのです。


sponsored link

関連記事

no image

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、

記事を読む

no image

古くなったビールを活用する

ビールは保存条件によって賞味期限が大幅に変動するため、賞味期限が明記されていません。しかし、国内のメ

記事を読む

no image

キューバリブレの話(1)

キューバのカクテルにキューバリブレと言うものがありますが、キューバリブレはキューバが独立する歴史の途

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

脳がアルコールを欲しがる?

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達している

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑