*

ワインに使われるブドウの品種

公開日: : 最終更新日:2015/02/10 お酒, ワイン

ワインに使われるブドウの品種を知っておくと、ワイン選びのコツがわかります。ここでは、赤ワインと白ワインにつかわれるそれぞれのブドウの品種を紹介していきます。

 

○赤ワイン

・カヴェルネ・ソーヴィニョン

タンニンを多く含むため、フルボディのワインに使われます。酸味と渋みのバランスがよく、スパイシーさもあります。赤身の肉やチーズなどの重みのある味わいの料理と良くあいます。

 

・メルロー

カベルネに比べると柔らかな、丸みのある口当たりが特徴です。カベルネとブレンドして使われることも多いブドウです。タンニンが少ないため、おつまみなしで飲むのに適しています。

 

・ピノ・ノワール

酸味が強く、ベリーの香りが強い品種です。滑らかな舌触りが特徴で、若いピンp・ノワールは和食に合います。

 

・シラー

若いシラーはスパイシーな香りを持っています。熟成後は爽やかな香りとコクがあります。

 

 

○白ワイン

・ソーヴィニョン・ブラン

辛口で柑橘や桃、あるいはハーブのような爽やかな香りを持っています。魚介料理はもちろんのこと、和食にもよく合います。

 

・シャルドネ

香り高さが特徴で、癖のないワインが生まれます。産地によって個性が違うブドウとなります。冷やして飲むのがお勧めです。

 

・リースリング

バランスのとれた味わいのブドウで、ドイツが産地として有名です。ホワイトソースのパスタとよく合います。


sponsored link

関連記事

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

Unknown-1

二日酔いの予防1

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、 本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水

記事を読む

no image

スパークリングワインの醸造法

ワインの一種に炭酸入りのワイン、すなわちスパークリングワインがあります。これを作るためには、製造され

記事を読む

no image

脳がアルコールを欲しがる?

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達している

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

血糖値が高いとビールはNG?

ビールは本来健康によい効果をもたらすものですが、血糖値が高い人にとってはNGです。なぜならば、ビール

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

  • 2019年10月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑