*

ワインに使われるブドウの品種

公開日: : 最終更新日:2015/02/10 お酒, ワイン

ワインに使われるブドウの品種を知っておくと、ワイン選びのコツがわかります。ここでは、赤ワインと白ワインにつかわれるそれぞれのブドウの品種を紹介していきます。

 

○赤ワイン

・カヴェルネ・ソーヴィニョン

タンニンを多く含むため、フルボディのワインに使われます。酸味と渋みのバランスがよく、スパイシーさもあります。赤身の肉やチーズなどの重みのある味わいの料理と良くあいます。

 

・メルロー

カベルネに比べると柔らかな、丸みのある口当たりが特徴です。カベルネとブレンドして使われることも多いブドウです。タンニンが少ないため、おつまみなしで飲むのに適しています。

 

・ピノ・ノワール

酸味が強く、ベリーの香りが強い品種です。滑らかな舌触りが特徴で、若いピンp・ノワールは和食に合います。

 

・シラー

若いシラーはスパイシーな香りを持っています。熟成後は爽やかな香りとコクがあります。

 

 

○白ワイン

・ソーヴィニョン・ブラン

辛口で柑橘や桃、あるいはハーブのような爽やかな香りを持っています。魚介料理はもちろんのこと、和食にもよく合います。

 

・シャルドネ

香り高さが特徴で、癖のないワインが生まれます。産地によって個性が違うブドウとなります。冷やして飲むのがお勧めです。

 

・リースリング

バランスのとれた味わいのブドウで、ドイツが産地として有名です。ホワイトソースのパスタとよく合います。


sponsored link

関連記事

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(3)

○水割り そしてなんといっても、美味しく簡単に作れる焼酎の飲み方の定番、水割りも夏に欠かせない

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(4)日本の薬酒

日本も薬酒の歴史はかなり古いものを持っています。その証拠として奈良正倉院の文書の一つには薬酒に関する

記事を読む

no image

日本人と酒 4

さて、ヤマタノオロチについてはいくつかの説があります。 最も有名な解釈は怪物説であり、スサノオ

記事を読む

Unknown-1

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと 健康になるといった、ブームがありまし

記事を読む

no image

ビールの効用~間違い編~

インターネットなどでビールの効用を調べてみると実に様々な効用が挙げられています。それらの多くは確かな

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

no image

キューバリブレの話(1)

キューバのカクテルにキューバリブレと言うものがありますが、キューバリブレはキューバが独立する歴史の途

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑