*

ワインに使われるブドウの品種

公開日: : 最終更新日:2015/02/10 お酒, ワイン

ワインに使われるブドウの品種を知っておくと、ワイン選びのコツがわかります。ここでは、赤ワインと白ワインにつかわれるそれぞれのブドウの品種を紹介していきます。

 

○赤ワイン

・カヴェルネ・ソーヴィニョン

タンニンを多く含むため、フルボディのワインに使われます。酸味と渋みのバランスがよく、スパイシーさもあります。赤身の肉やチーズなどの重みのある味わいの料理と良くあいます。

 

・メルロー

カベルネに比べると柔らかな、丸みのある口当たりが特徴です。カベルネとブレンドして使われることも多いブドウです。タンニンが少ないため、おつまみなしで飲むのに適しています。

 

・ピノ・ノワール

酸味が強く、ベリーの香りが強い品種です。滑らかな舌触りが特徴で、若いピンp・ノワールは和食に合います。

 

・シラー

若いシラーはスパイシーな香りを持っています。熟成後は爽やかな香りとコクがあります。

 

 

○白ワイン

・ソーヴィニョン・ブラン

辛口で柑橘や桃、あるいはハーブのような爽やかな香りを持っています。魚介料理はもちろんのこと、和食にもよく合います。

 

・シャルドネ

香り高さが特徴で、癖のないワインが生まれます。産地によって個性が違うブドウとなります。冷やして飲むのがお勧めです。

 

・リースリング

バランスのとれた味わいのブドウで、ドイツが産地として有名です。ホワイトソースのパスタとよく合います。


sponsored link

関連記事

no image

オンザロックビールのすすめ(1)

さぁ、ビールが美味しい季節になりましたね。休日はビアガーデンでビールを飲むという人も多いと思いますが

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

no image

日本酒初心者が知るべき10銘柄

日本酒になじみがなかった人が日本酒を始めようと思った時、銘柄のあまりの多さにびっくりして何をどう飲ん

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(1)

酒の主成分はエタノールであり、日常生活でアルコールというときにはエタノールのことを指しています。エタ

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(2)

2、精米歩合 これは、原料米がどれくらい精米されたものであるかを示すものです。精米歩合が低く、

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(2)

・すず音 人気のスパークリング日本酒であり、居酒屋でもよく見かけるようになりました。口の中で炭

記事を読む

  • 2020年4月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑