*

ボリビアワインって知ってる?

公開日: : 最終更新日:2015/02/10 お酒, ワイン

南米ワインで定番のものは、アルゼンチンとチリで作られたものです。安価でおいしく、種類も豊富なワインであり、世界中で飲まれています。筆者もチリワインのサンライズが大好きです。

しかし、南米にはもう一つ、ワインの大産地があります。ボリビアです。ボリビアは良質なワイン生産国なのです。

17世紀にはボリビアでワインが作られていました。かつてこの地を植民地支配していたスペイン人が、ボリビア南部でワインを作っていたのです。

この伝統が受け継がれることによって、今でもボリビア南部のタリハ県と言うところでは、ワインが作られています。この地は1年中温暖な気候、つまり地中海性気候であり、最高気温と最低気温の差が大きいため、ブドウの栽培に非常に適した土地なのです。

タリハでは毎年3月にブドウの収穫が行われます。北半球とはま逆の収穫期ですが、これはボリビアが南半球に位置していることに依ります。

今でもタリハ県では、ブドウ収穫の時期には収穫祭が盛大に行われ、民族衣装を着た男女が踊りながらワインを飲むそうです。


sponsored link

関連記事

no image

ビールのお供にザワークラウトを

ザワークラウトはドイツの国民食とも言うべきもので、ドイツ料理に頻繁に登場するキャベツの漬けものなので

記事を読む

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

clearumeshu

食事によく合う梅酒

梅酒はお酒の中でも甘くて飲みやすく、女性にも人気のお酒です。しかし、その甘さゆえに料理の味を邪魔する

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(9)

ちなみに、酒で動きを封じられ、騙し打ちをされた酒吞童子は、死に際に頼光たちに対して 「鬼に横道

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

no image

お酒と微生物(2)

昔のお酒は非常に原始的な方法で発酵させていました。 そもそもお酒の発見は、熟しきった果実が地面

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

  • 2019年10月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑