*

ボリビアワインって知ってる?

公開日: : 最終更新日:2015/02/10 お酒, ワイン

南米ワインで定番のものは、アルゼンチンとチリで作られたものです。安価でおいしく、種類も豊富なワインであり、世界中で飲まれています。筆者もチリワインのサンライズが大好きです。

しかし、南米にはもう一つ、ワインの大産地があります。ボリビアです。ボリビアは良質なワイン生産国なのです。

17世紀にはボリビアでワインが作られていました。かつてこの地を植民地支配していたスペイン人が、ボリビア南部でワインを作っていたのです。

この伝統が受け継がれることによって、今でもボリビア南部のタリハ県と言うところでは、ワインが作られています。この地は1年中温暖な気候、つまり地中海性気候であり、最高気温と最低気温の差が大きいため、ブドウの栽培に非常に適した土地なのです。

タリハでは毎年3月にブドウの収穫が行われます。北半球とはま逆の収穫期ですが、これはボリビアが南半球に位置していることに依ります。

今でもタリハ県では、ブドウ収穫の時期には収穫祭が盛大に行われ、民族衣装を着た男女が踊りながらワインを飲むそうです。


sponsored link

関連記事

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(2)

○パナシェ ビールベースのカクテルです。日本人にはビールはそのまま飲むというイメージの人が多い

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

no image

脳がアルコールを欲しがる?

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達している

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑