*

ワインの保存は難しい?2

公開日: : 最終更新日:2015/02/08 お酒, ワイン

 

開栓後のワインを上手に保存するためには3つの方法があります。

1、ボトルを立てて保存する

ワインは、開栓したらボトルは立てて保存するのが一つめのポイントです。開栓前のワインは、コルクを湿らせるためにも寝かせて保存するものですが、開栓後は立てて保存します。これは、できるだけ空気に触れる面積を減らすためです。

 

2、小さな瓶に移す

可能ならば、余ったワインは小さな瓶に移すのが保存のポイントです。こうすることで空気に触れる面積はより小さくなるため、劣化スピードは遅くなります。なお、写す小鬢は劣化につながらないためにも、熱湯で消毒したものを使用すべきです。

 

3、真空状態を保つようにする

少しコストがかかる方法ではありますが、一番確実なのはワイン用の真空状態を保つ器具を使うことです。この器具を使うと容器内の空気を除くことができ、中は真空状態になります。真空状態になると言うことは参加のリスクがほぼゼロになると言うことなので、参加を防ぐことができます。

 

この3つの方法を実践することで、数日後でもおいしくワインを楽しむことができます。より確実なのは3の方法を実践することですが、1,2の方法でも長期保存しないならば問題なく保存することが可能となります。


sponsored link

関連記事

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

0005004293I4_740x555y

日本酒ランキング

2015年もめでたくあけましたが、私個人的にですが正月になると日本酒を飲む機会が多くなります。

記事を読む

no image

お酒を健康に役立てる(2)薬酒とは

健康に役立つものの一つとして近年注目されているのが薬酒です。これはアルコールに薬草や生薬を浸すことに

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(5)

頼光の豪快な飲みっぷりと食いっぷりに感心した酒吞童子は 「どうだ、おいしいだろう」 と言

記事を読む

no image

日本酒の効用

酒は百薬の長といいますが、日本酒にはどのような効用があるのでしょうか。   ・

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

  • 2019年1月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑