*

いい焼酎の見極め方

公開日: : 最終更新日:2015/02/06 お酒, 焼酎

日本人になじみの深い酒と言えば、日本酒と供に焼酎が挙げられます。焼酎と言えば麦、芋、米、黒糖、蕎麦などさまざまな種類が存在することからも、飲み手を飽きさせずに魅了してくれます。

さて、焼酎の特徴と言えば甘味や香りにありますが、もっともこれを良く味わうためには、焼酎:水=6:4で割るのが黄金比であると言われています。これは芋焼酎の本拠地鹿児島で培われた割り方であり、このくらいで割ると日本酒と同じくらいの度数になるため、きつすぎず、香りも損なわれずに飲むことができます。

しかし、ここでお勧めするのは焼酎:水=1:9で割る飲み方です。このような飲み方をすればおいしくない、と言われそうですが、本当においしい焼酎は香り高いため、このような割り方にしても香りが残っているものなのです。そのため、本当にいい焼酎かどうかを見極めるためには、1:9で割って飲んでみると良いでしょう。

この飲み方は香りが残っており、体に優しいため、長く飲む飲み会等ではこの飲み方で体をいたわりながら飲むのが良いでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

ワインの醸造法

ワインの醸造法は非常に単純です。原理としてはブドウをつぶして果汁を発酵させると言うだけです。ブドウは

記事を読む

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

Unknown-1

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと 健康になるといった、ブームがありまし

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

no image

日本人と酒 13

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1

記事を読む

no image

芋焼酎の原料

焼酎にはたくさんの種類があります。麦焼酎、米焼酎、蕎麦焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎・・・ 中でも芋焼

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

  • 2019年9月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑