*

梅酒の保存について

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 お酒, 梅酒

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。

 

まず重要なのが、ベースになるお酒のアルコール度数です。アルコール度数は必ず20度以上のものを使うようにします。そうしなければ、仮にうまく梅酒ができたとしても、保存の家庭で発酵が進んだり、雑菌が繁殖する可能性が高いため、保存することができません。

次に、空気に触れないことが大切です。空気中には雑菌がたくさん浮遊しているため、空気に触れることで雑菌汚染の可能性が高まります。また、空気に触れることで変質することもあります。そのため、最初に作るときはできるだけ容器に満タン近くに作ることで空気に触れる面積を小さくするのがポイントです。また、プラスチック製の容器は空気を通してしまうため適しておらず、空気を通さないガラス容器がお勧めです。

そして、一番の大敵は直射日光です。お酒は多くのものが日光に弱く、日光にさらされると変質してしまいます。多くのお酒はこの対策のために色のついた瓶に詰められていますが、梅酒をはじめとした自宅で作る果実酒などは、中身の様子を確認するためにも透明な容器で保存されることが多いものです。したがって、劣化を防ぐためにも、冷暗所に保存するようにしてください。

 

 

 


sponsored link

関連記事

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

no image

自家製梅酒の作り方

夏バテに効果のある梅酒を自宅で作ってみましょう。以下にオーソドックスな梅酒の作り方を解説します。

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(1)

日本酒の飲み方と言えば、冷酒か熱燗くらいしか思い浮かばない人も多いと思います。しかし、日本酒には色々

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

泡盛について(1)

泡盛といえば沖縄のお酒です。沖縄のお酒と言うこと以外に知られていることと言えば焼酎の一種で、アルコー

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

Unknown

お酒の種類

これまで、ビールやワイン、日本酒や焼酎など色々と記載してきましたが、 改めて、「お酒の種類」に関し

記事を読む

150x150_square_3732184

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編2)

本日は最近私がほんとに気に入ってる和食の店なのですが、 大阪福島にある「魚のすすめ」と言うお店をご

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑