*

アルコール依存症の恐怖

公開日: : 最終更新日:2015/01/28 お酒, 雑学

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっていました。しかし今では飲酒をコントロールできない病気であると考えられています。今は普通の社会生活を行っている人であっても、いつアルコール依存症になるかわからないと言えます。

アルコール依存症は進行性の病気です。

・初期→アルコールに精神的に依存し、習慣的に飲酒をするようになる。

・中期→軽い離脱症状が起き、家族内や人間関係で問題が生じる。

・後期→仕事に明らかな支障が出て生活が崩壊する。

この進行は初期から後期に至るまでに男性ならば10年、女性ならば6年かかると言われています。アルコール依存症も早期治療が大切なのです。治療はただ飲まないようにして自分で荒治療をするのではなく、専門家の指導のもとで治療を行う必要があります。

アルコール依存症が重症化したら、精神病院などでリハビリを受けて治療し、その後は一滴のアルコールも許されない生活になります。


sponsored link

関連記事

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

3643-03

世界の強いお酒(6)エバークリア

世界で一番強いお酒はスピリタスです。アルコール度数は96%にもなるのですから、ぶっちぎりのナンバーワ

記事を読む

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑