*

脳がアルコールを欲しがる?

公開日: : 最終更新日:2015/01/27 お酒, 雑学

人間の脳みそは動物の脳みそと大きく違う部分があります。これは大脳新皮質という部分が非常に発達していることであり、この部分は精神活動を行っています。大脳新皮質は快感を求めて本能のおもむくままに行動することを強く抑制しており、これを理性といいます。しかし、アルコールを摂取すると大脳新皮質が麻痺するのです。酔ってハメを外してしまうのはこのためであり、本能が開放されるために快感を覚えるようになり、これが酩酊状態と言われる状態です。

しかし酩酊状態は一時的なもので、アルコールが分解されてしまえばなんともなくなります。そして酩酊状態になるほどの飲酒を続けていると脳がアルコールに対して耐性を持つため、酔うためのアルコールの量が増えるようになります。そして、脳の神経細胞がアルコールによって痺れている状態が続くようになると、のうはその状態になれてしまい、アルコール濃度が下がると神経細胞が興奮して禁断症状や離脱症状が現れるようになります。これをアルコール依存症といいます。

 

 


sponsored link

関連記事

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

チェイサーについて

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むの

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

白ワインと赤ワインのグラスの違い

パーティやレストランでワインを飲むときに気づくことがあります。それは、赤ワインと白ワインでは大きさが

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

その他のおすすめ黒糖焼酎

朝日 奄美大島の酒造である朝日酒造で作られている黒糖焼酎が「朝日」です。この名前はもちろん、朝

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(1)

東北に位置する秋田県は日本有数の米どころであり、日本酒造りも盛んな土地です。秋田の日本酒にはおいしい

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑