*

悪酔いの原因は?

公開日: : 最終更新日:2015/01/27 お酒, 雑学

悪酔いをしてしまう原因は、アセトアルデヒドという毒素によります。

アルコールを摂取すると、そのアルコールは胃から十二指腸へ、そして小腸で吸収されて血液中へと溶け込みます。そして肝臓で分解され、アルコールコール分解酵素でアセトアルデヒドに変わるのです。このアセトアルデヒドこそが悪酔いの原因で、顔が赤くなったり、吐き気がしたり、頭痛がしたりするのはすべてアセトアルデヒドの影響です。

アセトアルデヒドが分解されなければ悪酔いを起こしますが、分解のためにはそれなりに時間がかかります。体重1kgにつき1時間で0.1gのアルコールが分解できると言われています。したがって、体重50kgの人が1時間に分解できるアルコールは5gということになり、したがって、日本酒1合、ウイスキーダブル1杯、ビール中瓶1本、ワイグラス2杯は約20gのアルコールを含んでいるため、すべて分解するのには4時間もかかるのです。こう見ると、少し休んだだけでは車を運転することはできないということがわかると思います。

 

 


sponsored link

関連記事

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

2024556b2f

生き物を漬け込んだお酒(1)

お酒の中には生き物を漬け込んだお酒があるのを知っていますか?筆者が飲んだことがあるのはマムシ酒、スズ

記事を読む

no image

朝酒はなぜ効くのか

朝からお酒を飲むと、夜ならばなんともない量であっても、結構酔いが回ってしまうというのは、朝酒をやった

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

no image

ワインボトルの形の違い

ワインを選ぶ時に気になったことがあるかもしれません。ワインボトルの形の違いです。それぞれの形には様々

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

no image

お祝いの席でシャンパンを飲む理由

結婚披露宴や祝賀パーティをはじめ、めでたい席で乾杯をする際にはシャンパンがよく用いられます。これはな

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

カサーシャが醸すブラジルの陽気な雰囲気

ブラジルの人々はお酒が大好きです。それはブラジルのビール消費量が世界第5位にランクインしていることか

記事を読む

  • 2020年7月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑