*

ビールの効用(1)

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 お酒, ビール

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれます。

まず、ビールにふくまれるアルコールは胃から腸へと慣れやすいため、スムーズに吸収されます。適度にアルコールが吸収されると、血液の循環はよくなり、胆汁の分泌は促進されます。また、ビールに含まれる炭酸ガスが胃によい刺激を与えるため、胃の働きを活発にします。

また、ホップの持つ苦みが消化を助け、食欲を増進する効果があります。夏場などは体力の消耗が激しいため、特にたくさん食べて体力をつけなければならないのですが、食欲がわかずに夏バテを起こすこともよくあります。そのような時にはビールを飲んで食欲を刺激し、栄養たっぷりの食事をとるのがよいでしょう。夏にビールがおいしいと感じることは、実は理にかなった生体反応と捉えることもできます。

利尿作用があることでも知られています。ビールいを飲むことによっておしっこが近くなるというのは多くの人が経験済みでしょう。尿というのは体内の不純物を体外に排出する働きがあるため、これも効用に数えられます。

これらの効果は昔から知られており、明治初期の日本ではビールが薬として売られている薬屋もあったほどでした。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

images-3

そもそもビールとは何か

ビールってなんだろう、と深く考える機会はおそらくあまりないと思います。麦酒と書く通りに麦を使ったお酒

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

ビールのおいしさを保つための保存の方法

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(3)

○水割り そしてなんといっても、美味しく簡単に作れる焼酎の飲み方の定番、水割りも夏に欠かせない

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

  • 2022年5月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑