*

お酒に強い人と弱い人(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/26 お酒, 雑学

世界の人種を大別すると、モンゴロイド、ネグロイド、コーカソイドに別れ、日本人はモンゴロイドに含まれます。これらのほとんどの人はアルコールを分解できますが、モンゴロイドの中には、アルコールを摂取してもあまり分解できないか、全く分解できない人がいます。このような人は日本では下戸と呼ばれますが、日本、韓国、中国に多いと言われています。

これは、中国で2万年ほど前に、アルコールが代謝した結果生まれるアセトアルデヒドを分解する仕組みがちゃんとそなわっていない人が遺伝子の突然変異によって生まれ、この遺伝子が受けるがれていったと言われています。

日本においては弥生時代に渡来人がわたってきて、日本人にそのような遺伝子を持った人の血が混ざりました。この証拠に、アイヌの人々は縄文人の血が濃く流れているため、酒に弱い人が少ないのです。この他、渡来人の比率が高い近畿地方はお酒に弱い人の人が多い傾向があるようです。


sponsored link

関連記事

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(5)

最後に日本酒の保存期間ですが、これは何とも言い難いところです。日本酒には基本的に賞味期限がないのです

記事を読む

no image

ショットガンスタイル

先日YouTubeを見ていたら、どこをどうたどったか、バカ殿の動画に行き着きました。志村けんはお酒が

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

その他のおすすめ黒糖焼酎

朝日 奄美大島の酒造である朝日酒造で作られている黒糖焼酎が「朝日」です。この名前はもちろん、朝

記事を読む

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑