*

世界中で飲まれるワイン(6)

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 お酒, ワイン

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わいが生まれます。ワインの個性を明確に打ちだしその品質を保つためには、生産地域を限定して規制していく必要が生じます。このために「ワイン法」という法律が設けられおり、品質にもとづいて格付けが行われています。この法律ができたのはワイン大国フランスであり、1930年代に設けられました。

最高の格付けはAOCと呼ばれるものです、生産地域,ブドウ品種,醸造法,栽培法,生産量などが厳しく規定されています。また、国立原産地名称研究所の検査をクリアするという高いハードルが設けられており、現在約400の原産地がAOCに認定されています。

現在はフランスだけではなく、EU加盟国のワイン生産国ではワイン法に基づいた格付けをすることが決められています。これによってそれぞれの名称を関しておけば、初めて飲むワインでも大体の品質がわかるようになります。また、ワインの有名産地を語る偽物が流出することもなくなり、生産地では伝統、個性、品質を守ることが出来るのです。

 


sponsored link

関連記事

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(1)

以前、日本人とお酒の話を連載した際に、日本の神道ではお酒が好ましいものとされていると話しました、では

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(5)

最後に日本酒の保存期間ですが、これは何とも言い難いところです。日本酒には基本的に賞味期限がないのです

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑