*

世界中で飲まれるワイン(6)

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 お酒, ワイン

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わいが生まれます。ワインの個性を明確に打ちだしその品質を保つためには、生産地域を限定して規制していく必要が生じます。このために「ワイン法」という法律が設けられおり、品質にもとづいて格付けが行われています。この法律ができたのはワイン大国フランスであり、1930年代に設けられました。

最高の格付けはAOCと呼ばれるものです、生産地域,ブドウ品種,醸造法,栽培法,生産量などが厳しく規定されています。また、国立原産地名称研究所の検査をクリアするという高いハードルが設けられており、現在約400の原産地がAOCに認定されています。

現在はフランスだけではなく、EU加盟国のワイン生産国ではワイン法に基づいた格付けをすることが決められています。これによってそれぞれの名称を関しておけば、初めて飲むワインでも大体の品質がわかるようになります。また、ワインの有名産地を語る偽物が流出することもなくなり、生産地では伝統、個性、品質を守ることが出来るのです。

 


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

杜氏ってどんな人?(2)

幕藩体制の際には、夏場は耕作をして冬は休耕となるため何らかの内職を行って生活していましたが、その貧し

記事を読む

no image

日本酒初心者が知るべき10銘柄

日本酒になじみがなかった人が日本酒を始めようと思った時、銘柄のあまりの多さにびっくりして何をどう飲ん

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(3)

4、酵母 続いては酵母について書いている個所を見てみましょう。ここには仕込につかわれた酵母の種

記事を読む

  • 2019年5月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑