*

世界中でのまれるワイン(4)

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 お酒, ワイン

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料となるのは黒ブドウであり、皮ごと使われるために独特の赤黒さが生まれます。この色はアントシアニンやタンニンの色素であり、これは皮や種を一緒に発酵させることで溶け出したものです。これらの総称がポリフェノールですが、高い抗酸化力を持っており、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を抑え、心臓病を防ぐ効果があります。また、ガンや老化も防いでくれる効果があるので、これが注目を浴びないわけがありません。

これは、研究者が赤ワインをひとりあたり年間60リットルも消費するフランス人には心臓病の患者が圧倒的に少ないことに注目した結果、わかったことでした。1994年のことでしたが、このあとからポリフェノールが注目されるようになり、ワインはかわだにいい飲み物として認識されるようになりました。ちなみに、白ワインにはポリフェノールは含まれていません。

 


sponsored link

関連記事

no image

世界中で飲まれるワイン(1)

世界中で親しまれるワインですが、その歴史を知っていますか?これまでも少しずつ紹介してきましたが、今回

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(1)

ビールのおつまみには何を食べますか?枝豆、から揚げ、餃子、スナック菓子・・・などなど、和食、中華、養

記事を読む

no image

お酒に関する資格(1)

お酒を愛してやまない皆様の中には、自他共に認めるお酒愛好家になるためにも、お酒の資格はないのだろうか

記事を読む

no image

日本人と酒 2

さて、ヤマタノオロチとはどのような怪物であったのか。古事記にはこのように書かれています。 &n

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(3)

・ズブロッカ ズブロッカは日本でも売られており、愛好する日本人も多いため知っている人も多いこと

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

朝酒はなぜ効くのか

朝からお酒を飲むと、夜ならばなんともない量であっても、結構酔いが回ってしまうというのは、朝酒をやった

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑