*

世界中でのまれるワイン(4)

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 お酒, ワイン

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料となるのは黒ブドウであり、皮ごと使われるために独特の赤黒さが生まれます。この色はアントシアニンやタンニンの色素であり、これは皮や種を一緒に発酵させることで溶け出したものです。これらの総称がポリフェノールですが、高い抗酸化力を持っており、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を抑え、心臓病を防ぐ効果があります。また、ガンや老化も防いでくれる効果があるので、これが注目を浴びないわけがありません。

これは、研究者が赤ワインをひとりあたり年間60リットルも消費するフランス人には心臓病の患者が圧倒的に少ないことに注目した結果、わかったことでした。1994年のことでしたが、このあとからポリフェノールが注目されるようになり、ワインはかわだにいい飲み物として認識されるようになりました。ちなみに、白ワインにはポリフェノールは含まれていません。

 


sponsored link

関連記事

no image

ビールにまつわる笑える間違い

今から、ビールの原料にまつわる話をしますが、その前に一つ考えていただきたいことがあります。あなたは「

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(1)

家で缶ビールを飲む人は多いものですが、缶ビールをおいしく飲むポイントを押さえているでしょうか。ここで

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

Unknown-1

二日酔いの予防1

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、 本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

日本人と酒 17

筆者が神社の直会に参加すると、今も昵懇にしているある人から盛んに「献酬」が行われました。今でこそ献酬

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

  • 2019年10月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑