*

世界中でのまれるワイン(3)

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 お酒, ワイン

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性ワイン)、フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)、フレーヴァード・ワイン(香味付けワイン)の4種類です。

スティルワインは炭酸を含んでおらず、アルコール度数は概ね9-14度です。そして赤ワイン、白ワイン、ロゼワインに分けられます。スティルワインの製造工程は以前説明した記事を参考にしていただきたいのですが、昔からほとんど工程が変わっていません。

変わったものといえば、ぶどうを潰す工程です。今では機会で粉砕されていますが、昔は大きな桶にぶどうを入れ、村人が陽気に歌いながらこれを踏んで潰していました。乙女が踏むといいワインができると言われており、民族衣装で着飾った乙女達が丁寧に踏んでいました。

これはワイン造りの工程の一過程であり、労働には違いないのですが、どちらかというと乙女のぶどう踏みは収穫の喜びを表す風物詩だったのです。風物詩故に、今でもヨーロッパではぶどう収穫祭の行事として若い女性によるぶどう踏みが行われています。

 


sponsored link

関連記事

no image

世界中のビールのおつまみ(2)

・メキシコ・・・ヒカマ ヒカマとは、マメ科の野菜で、クズイモとも言います。メキシコの人々は、こ

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

Unknown-2

ビールに合うおつまみ・食事

前回、日本酒に合うおつまみ・食事を紹介致しました。 と言っても基本おつまみの話しかしていませんが(

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑