*

世界中で飲まれるワイン(2)

公開日: : 最終更新日:2015/01/22 お酒, ワイン

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南米やオーストラリアには伝わっています。これはどういうことでしょうか。これには大航海時代が大きく関係しています。

大航海時代、ヨーロッパの人々は世界各地に進出して植民地を広げていくのですが、この時にワインが広まっていくことになります。東半球や南半球にも広がって行きました。そして、ワインの広まりは現代でもとどまるところを知らず、世界各地で様々なワインが作られています。日本でも質の高い、個性的なワインがたくさん誕生していますね。

ただし、当然ながらワインを作るにはぶどうが必要であるため、いくら世界中に広がっているとは言え水はけ・日照などの条件が悪いためにぶどうの栽培ができない地域では生産できません。

ちなみに、日本ではぶどうは贈答などにも使われる食用の果物というイメージが強いですが、世界的に見ると生産されたぶどうの80%はワインの原料となり、そのまま食べられることはそれほど多くはありません。

 


sponsored link

関連記事

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(1)

夏バテに効く梅酒は夏こそ飲みたいお酒です。ここでは、梅酒の楽しみを何倍にも広げる、梅酒カクテルの作り

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(2)

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかも

記事を読む

no image

ビールは太る?

お腹がひどく出ている状態を指して「ビール腹」などと言いますね。この言葉を聞く限りは、ビールが大変高カ

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

no image

甘酒はなぜ甘いか

甘酒はとても甘いお酒です。最近の甘酒にはアルコールがなく砂糖を加えて作っているものもありますが、本来

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑