*

ビールのおいしさを保つための保存の方法

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 お酒, ビール

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の方法を知っておくと、ビールのおいしさを保つことができるでしょう。

まず、非常に基本的なことですが、振動は厳禁です。ビールに含まれる炭酸ガスが抜けてしまい、清涼感が失われます。

次に、直射日光を避けましょう。瓶ビールの場合は特にそうであり、瓶が茶色であるのも日光の悪影響を最小限にとどめるためなのです。日光を浴びるとホップが化学変化を起こし、独特の悪臭を発するようになります。そのため、日光は避けるべきです。

高温の場所を避けることも大切です。ビールは25度以上の環境で保存しておくと酸化が進み、風味が大きく損なわれます。とくに地ビールはこの傾向が強いです。できることならば冷蔵庫内での保存が好ましく、常温で保存する場合にも12度前後で保存したいものです。

最期に、できるだけ早く飲むようにしましょう。賞味期限は設けられていますが、あくまでおいしく飲めるのは製造から3カ月以内だと思っておいてください。特に地ビールの中には賞味期限が数週間と言う短いものもあるため、要注意です。逆に、数年熟成させてのんでも良いようなビールの場合には、管理に気をつけ数年後に飲むのも楽しいと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

ビールができるまで(2)

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業

記事を読む

no image

BYOという飲み方

お酒の飲み方の一つにBYOと言うものがあります。これはBring Youe Ownの略であり、あなた

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

no image

泡盛について(4)

アメリカから泡盛をつくれといわれた酒造関係者たちは、廃棄処分した米、砂糖、チョコレートなどを原料とし

記事を読む

orange-mikan12

世界の強いお酒(5)アランチェッロをつくろう

先ほどの記事ではリモンチェッロを作りました。スピリタスは果実酒に適したお酒であるため、他の果実酒にも

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(1)

スパークリング日本酒とは発泡性の日本酒であり、日本酒が苦手な人でも飲みやすく、また一般的な日本酒に慣

記事を読む

  • 2022年5月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑