*

ビールのおいしさを保つための保存の方法

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 お酒, ビール

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の方法を知っておくと、ビールのおいしさを保つことができるでしょう。

まず、非常に基本的なことですが、振動は厳禁です。ビールに含まれる炭酸ガスが抜けてしまい、清涼感が失われます。

次に、直射日光を避けましょう。瓶ビールの場合は特にそうであり、瓶が茶色であるのも日光の悪影響を最小限にとどめるためなのです。日光を浴びるとホップが化学変化を起こし、独特の悪臭を発するようになります。そのため、日光は避けるべきです。

高温の場所を避けることも大切です。ビールは25度以上の環境で保存しておくと酸化が進み、風味が大きく損なわれます。とくに地ビールはこの傾向が強いです。できることならば冷蔵庫内での保存が好ましく、常温で保存する場合にも12度前後で保存したいものです。

最期に、できるだけ早く飲むようにしましょう。賞味期限は設けられていますが、あくまでおいしく飲めるのは製造から3カ月以内だと思っておいてください。特に地ビールの中には賞味期限が数週間と言う短いものもあるため、要注意です。逆に、数年熟成させてのんでも良いようなビールの場合には、管理に気をつけ数年後に飲むのも楽しいと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

夏にお勧めな梅酒の飲み方

夏バテ解消のために、効果的な梅酒の飲み方を考えてみましょう。   梅酒ソーダ

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(3)

○水割り そしてなんといっても、美味しく簡単に作れる焼酎の飲み方の定番、水割りも夏に欠かせない

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒ロック(1)

日本酒の飲み方の一つとして、日本酒ロックというものをご存じでしょうか。あるいは、そんな呼び方とは知ら

記事を読む

no image

日本人と酒 10

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(9)

ちなみに、酒で動きを封じられ、騙し打ちをされた酒吞童子は、死に際に頼光たちに対して 「鬼に横道

記事を読む

1990724

ワインとグラス(2)

・まろやかで甘い白ワイン 次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持ってい

記事を読む

no image

二日酔いの予防法

二日酔いになった時の対策を紹介してきましたが、最も良いのは二日酔いにならないことであり、予防法を知る

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

images-9

ビールの分類について

ビールは大別すると「ラガー」と「エール」の二種類に分けられます。分け方の基準は製造に使われる酵母の違

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑