*

ビールのおいしさを保つための保存の方法

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 お酒, ビール

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の方法を知っておくと、ビールのおいしさを保つことができるでしょう。

まず、非常に基本的なことですが、振動は厳禁です。ビールに含まれる炭酸ガスが抜けてしまい、清涼感が失われます。

次に、直射日光を避けましょう。瓶ビールの場合は特にそうであり、瓶が茶色であるのも日光の悪影響を最小限にとどめるためなのです。日光を浴びるとホップが化学変化を起こし、独特の悪臭を発するようになります。そのため、日光は避けるべきです。

高温の場所を避けることも大切です。ビールは25度以上の環境で保存しておくと酸化が進み、風味が大きく損なわれます。とくに地ビールはこの傾向が強いです。できることならば冷蔵庫内での保存が好ましく、常温で保存する場合にも12度前後で保存したいものです。

最期に、できるだけ早く飲むようにしましょう。賞味期限は設けられていますが、あくまでおいしく飲めるのは製造から3カ月以内だと思っておいてください。特に地ビールの中には賞味期限が数週間と言う短いものもあるため、要注意です。逆に、数年熟成させてのんでも良いようなビールの場合には、管理に気をつけ数年後に飲むのも楽しいと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

キューバリブレの話(1)

キューバのカクテルにキューバリブレと言うものがありますが、キューバリブレはキューバが独立する歴史の途

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

no image

お酒と微生物(1)

皆さんは「微生物」にどのようなイメージを持っているでしょうか。風邪や病気がうつる「感染」を思い浮かべ

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(9)

ちなみに、酒で動きを封じられ、騙し打ちをされた酒吞童子は、死に際に頼光たちに対して 「鬼に横道

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(4)

6、酸度 これは、日本酒に含まれる酸の総量を示します。日本酒にはコハク酸、リンゴ酸、乳酸などの

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(1)

夏に飲みたいお酒といえば何といってもビールであり、モヒートなども最近では人気です。では、冬はどのよう

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られる(3)馬乳酒

次に紹介するのは馬乳酒です。これは若い人でも比較的知っている人が多いのではないでしょうか。なぜならば

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

  • 2019年6月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑