*

日本酒のつくり方(3)

公開日: : 最終更新日:2015/01/21 お酒, 日本酒

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい混ぜられているのか、見てみましょう。

 

まず、特定名称酒の醸造アルコール使用量はアルコール分95度に換算した重量で白米重量の10%以下と定められています。つまり、白米1トンにつき100kg=122.5リットル,純アルコールに換算すると116.4リットルということです。

本醸造酒クラスになると、白米1トンから生成される純アルコールは平均で365.2リットルあるため、本醸造酒クラスで規定の上限までアルコール添加した場合,純アルコール量に対する添加アルコールの比率は

116.4÷(365.2 + 116.4) ×100 = 24.2%

となります。

そして、本醸造酒のアルコール添加量のへ金的な量を見てみると115.7リットルとなっており、これはほぼ上限値に近い数値ということがわかります。酒造メーカーは醸造アルコールを利用する理由を「アルコール添加によって日本酒の味を引き締め、酒質を整えるため」としていますが、もはやこの添加量は隠し要素的なものではなく、利益を求めた末の添加としか思えません。

しかし美味しい純米酒を作るのは難しいことであるため、出来の悪い純米酒よりは味の整った本醸造酒のほうがマシという考えもあることは確かです。

 


sponsored link

関連記事

no image

芋焼酎のおいしい飲み方

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。 これに対して乙類はおいし

記事を読む

Unknown-1

赤ワインの健康効果

最近はそれほど騒がれてはいませんが、一昔前は赤ワインを飲むと 健康になるといった、ブームがありまし

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(1)

世界中で親しまれるワインですが、その歴史を知っていますか?これまでも少しずつ紹介してきましたが、今回

記事を読む

no image

ビールには賞味期限がない?

ビールの工場見学などに行き、新鮮なビールを飲むと非常においしいものです。ビールは新鮮なものほどおいし

記事を読む

3643-03

世界の強いお酒(6)エバークリア

世界で一番強いお酒はスピリタスです。アルコール度数は96%にもなるのですから、ぶっちぎりのナンバーワ

記事を読む

no image

ビールとワインが豊富なオーストラリア

オーストラリアで一番飲まれているお酒はビールです。種類が非常に多く、各州ごとに地ビールをもっており、

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(2)

では、オンザロックビールはどのようにして楽しむと良いのでしょうか。そのためには手順があります。

記事を読む

no image

世界の強いお酒(1)強いお酒の味わい

お酒を飲める人ならば、誰もが一度は強いお酒に挑戦してみるものです。何が強いのだろうかと考えてみると、

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑