*

日本酒のつくり方(3)

公開日: : 最終更新日:2015/01/21 お酒, 日本酒

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい混ぜられているのか、見てみましょう。

 

まず、特定名称酒の醸造アルコール使用量はアルコール分95度に換算した重量で白米重量の10%以下と定められています。つまり、白米1トンにつき100kg=122.5リットル,純アルコールに換算すると116.4リットルということです。

本醸造酒クラスになると、白米1トンから生成される純アルコールは平均で365.2リットルあるため、本醸造酒クラスで規定の上限までアルコール添加した場合,純アルコール量に対する添加アルコールの比率は

116.4÷(365.2 + 116.4) ×100 = 24.2%

となります。

そして、本醸造酒のアルコール添加量のへ金的な量を見てみると115.7リットルとなっており、これはほぼ上限値に近い数値ということがわかります。酒造メーカーは醸造アルコールを利用する理由を「アルコール添加によって日本酒の味を引き締め、酒質を整えるため」としていますが、もはやこの添加量は隠し要素的なものではなく、利益を求めた末の添加としか思えません。

しかし美味しい純米酒を作るのは難しいことであるため、出来の悪い純米酒よりは味の整った本醸造酒のほうがマシという考えもあることは確かです。

 


sponsored link

関連記事

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

いい焼酎の見極め方

日本人になじみの深い酒と言えば、日本酒と供に焼酎が挙げられます。焼酎と言えば麦、芋、米、黒糖、蕎麦な

記事を読む

no image

夏にお勧めな梅酒の飲み方

夏バテ解消のために、効果的な梅酒の飲み方を考えてみましょう。   梅酒ソーダ

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(1)

世界の人種を大別すると、モンゴロイド、ネグロイド、コーカソイドに別れ、日本人はモンゴロイドに含まれま

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(3)

・いちご梅酒 イチゴ、梅酒、氷を等量ずつ入れてミキサーにかければ出来上がりです。イチゴ果汁たっ

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(2)

  ウォッカは無色透明で無臭のものがスタンダードですが、それだけではなく、様々なウォ

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑