*

その他のおすすめ黒糖焼酎

公開日: : 最終更新日:2015/01/18 お酒, 焼酎

朝日

奄美大島の酒造である朝日酒造で作られている黒糖焼酎が「朝日」です。この名前はもちろん、朝日酒造の代表銘柄であるためであり、しかも朝日酒造は奄美大島にある酒造の中で最も東に位置する喜界島にあるため、どの酒造よりも早く朝日を拝むことが出来るということから名付けられています。奄美大島産の黒糖の甘味・コクを十分に活用しています。原料となるサトウキビの栽培にもこだわっているため、独特のうまみを持っています。

 

 

加那

筆者が初めてのんだ黒糖焼酎は加那でした。キレがある黒糖焼酎であり、旨みもあるとして高評価を得ています。2010年に行われた全国酒類コンクール黒糖焼酎部門では金賞を受賞しています。

加那というのは奄美大島の言葉で「いとしい人」という意味であり、なんともロマンチックな名前と言えます。そして、いつも飲みたくなるいとしい味わいを確かに持っています。

 

 

里の曙

里の曙は、町田酒造で作られています。減圧蒸留を最初に導入した黒糖焼酎です。黒糖のもつ甘味をよく引き出しており、軽やかな味わいのために女性や若者から大きな人気があります。


sponsored link

関連記事

item202505201004p11

夏に飲みたい日本酒(2)

○篝火・極寒しぼり 生原酒 これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(1)

その昔、酒吞童子という妖怪がいました。鬼の統領であることから、妖怪といってもかなり凶悪な部類の奴で、

記事を読む

no image

ビールは太る?

お腹がひどく出ている状態を指して「ビール腹」などと言いますね。この言葉を聞く限りは、ビールが大変高カ

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(1)

夏といえばビール!そのように考える人は多いでしょう。確かに夏に冷えたビールを飲むのは美味しいことです

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑