*

ビールをおいしく飲むコツ(2)

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 お酒, ビール

おいしく飲むためには上手な注ぎ方を知っておくとよいでしょう。まずは、グラスをしっかりと洗っておくことです。もしグラスに油分が残っていると、泡立ちが悪くなります。ベストなのはぬるま湯で洗って自然乾燥させることです。

そして泡とビールの比率ですが、泡:ビール=3:7が黄金比であり、ベストであるとされています。この比率を造るためには、少し勢いをつけてグラスの半分くらいまで注ぐことによって泡をつくり、少しまって泡が引き締まるのを確認したら、静かに注ぐとよいでしょう。より静かにそそぐためには、グラスを傾けて斜めにそそぐとよいでしょう。また、グラスとビールの温度差が激しい時には必要以上の泡が出るため、温度差はできるだけ少なくしたほうがよいといえます。

ここまで泡がとても大事だというように述べてきましたが、おいしいビールには泡は必要不可欠であり、決して邪魔者ではありません。泡には見た目の美しさだけではなく舌触りの滑らかさを際立たせます。また、ビールから炭酸ガスが抜けていくのを防ぐフタの役割もしてくれるのです。そのため、おいしく飲むためには先に泡を飲んでしまわないことによって、最期までおいしく飲むことができるのです。


sponsored link

関連記事

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(1)ヤシ酒

お酒の原料と言えば果物か穀物だけだと思っていませんか?確かになじみ深いビール、焼酎、日本酒、ウイスキ

記事を読む

no image

ビールに使われている水

お酒は飲み物であり、飲み物である以上は原料となる水にどのような水を使うかによって、おいしいお酒になる

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(2)

  ウォッカは無色透明で無臭のものがスタンダードですが、それだけではなく、様々なウォ

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

お燗のポイント(2)

燗をつける時に電子レンジで漬けることがありますが、これは良くありません。やはりお燗をする時には鍋にお

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

  • 2019年2月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑