*

杜氏ってどんな人?(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/12 お酒, 日本酒

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言いますが、なんとなく名前は聞いたことがあっても、実際にはどんな人であるのか、詳しく知っている人はそれほど多くはないと思います。ここでは杜氏を紹介していきます。

当時とは、日本酒の醸造工程を行う職人のことです。これは日本酒づくりの全ての工程の中で最も大切な固定ですから、日本酒づくりの最高責任者としてもみなされます。

名前の由来は刀自から来ているとされています。刀自とは神道における女性の忌名にも使われますが、家事全般を取り仕切る存在である刀自になぞらえて付けられた名前と考えられているのですね。

また、杜氏が指揮して日本酒が作られる仕組みが出来上がったのは江戸時代初期です。各地方で農民と領主の関係が固定されたのは江戸幕府と諸藩で日本が構成される幕藩体制が敷かれてからのことですが、これが杜氏が出来上がった原因とされています。


sponsored link

関連記事

no image

ワインに使われるブドウの品種

ワインに使われるブドウの品種を知っておくと、ワイン選びのコツがわかります。ここでは、赤ワインと白ワイ

記事を読む

img56535386

世界の強いお酒(4)リモンチェッロをつくろう

ここまでスピリタスの解説をしてきましたが、スピリタスを使った果実酒作りをしてみましょう。リモンチェッ

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。 これに対して乙類はおいし

記事を読む

0005004293I4_740x555y

日本酒ランキング

2015年もめでたくあけましたが、私個人的にですが正月になると日本酒を飲む機会が多くなります。

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(2)

○パナシェ ビールベースのカクテルです。日本人にはビールはそのまま飲むというイメージの人が多い

記事を読む

no image

ビールができるまで(1)

ビールはビールでも、商品によって味が大きく違います。この違いはどこから生まれるのかと言えば、大麦がビ

記事を読む

no image

インドはお酒の後進国

インドはお酒において、ほかの国より文化的に遅れています。これはインドにはヒンズー教が浸透していること

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

1syoumasu-hinoki

升酒の正しい飲み方

最近では升酒でお酒を飲むことはほとんどなくなりましたが、今でも何かの祝いの際には升酒を飲む習慣があり

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑