*

ビールをおいしく飲むコツ(1)

公開日: : 最終更新日:2014/05/10 お酒, ビール

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのためにはいくつかのコツを抑えておくべきでしょう。

まず、お酒を飲むときには全般的にいえることですが、空腹にビールを流し込むのは避けましょう。酔いがすぐに回ってビールを楽しむことができなくなります。特にビール「とりあえず生で→乾杯→イッキ飲みもしくはがぶ飲み」という流れが起きやすいものですから、特に注意したいものです。しかし生ビールを渇いたのどに一気に流し込みたくなる気持ちは抑えがたいものですから、最悪これは守らなくてもよいでしょう。

より実践的なのは、冷やしすぎないと言うのもコツでしょう。ギンギンに冷えていたほうがおいしいイメージがあるため、ビールを冷凍庫で凍る直前まで冷やし、グラスも冷凍庫で冷やし、そのグラスにビールを注いで飲むといかにもおいしそうです。しかし実際には、あまりに冷たいと味が分かりにくくなるため、味を楽しむことができなくなります。ただし、のど越しや清涼感を楽しみたいならば、冷やすのはよいでしょう。

したがって、ビールの風味を楽しみたいならば、冷蔵庫から出して少しだけ置いてから飲むのがもっとも味わって飲める方法になります。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 5

あまり神道的解釈を深くし過ぎてもお酒の話から逸脱してしまいます。ヤマタノオロチ退治の話に戻しましょう

記事を読む

no image

カクテルで激しくシェイクする理由

バーでカクテルを注文すると、バーテンダーは専用のシェイカーに材料を入れ、激しい動作でシェイカーをシェ

記事を読む

no image

お酒が何リットルも飲めるわけ

お酒は何リットルも飲めるものです。たとえばビールの500ml入りのものを6本飲めば3リットルですが、

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(3)

では、甲類焼酎と乙類焼酎はどのような違いによって香りや味の差が生まれているのでしょうか。それはひとえ

記事を読む

no image

ビールができるまで(2)

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業

記事を読む

no image

冬に飲みたいお酒(2)

・ホットイタリアン これはリキュールベースのカクテルです。簡単に言うとスクリュードライバーを温

記事を読む

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(6)

ワインはぶどうの品種、作られる土壌、栽培方法、気候,収穫時期,製造法,貯蔵法などによって様々な味わい

記事を読む

bar_in_dt

バーで飲むこと~初心者編~

いつもお酒を飲むなら自宅か居酒屋という人が多いと思いますが、バーで飲むのもいいものです。行きつけのバ

記事を読む

  • 2020年7月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑