*

お酒と微生物(2)

公開日: : 最終更新日:2015/01/09 お酒, 雑学

昔のお酒は非常に原始的な方法で発酵させていました。

そもそもお酒の発見は、熟しきった果実が地面に落ち、野生の酵母がそこへついて発酵を行い、それを食べた人がなんとなく気持ちよくなったことから、果実酒が作られたのです。ですから昔のワイン造りは、ぶどうを大きな桶にいれ、それを女性が踏んづけて潰し、そこに空気中を浮遊している野生の酵母が働いて発酵するという作られ方をしていたのです。

では穀物から作られるお酒はどうしていたのでしょうか。穀物は甘くないのに不思議ですよね。

これは生娘が口の中で穀物をかんで吐き出し、それが発酵していたのです。つまり、穀物を口の中でかんだとき、穀物のデンプンに唾液に含まれるアミラーゼという酵素が働き、糖化という現象が起きます。これによって穀物が糖分をもち、それに野生の酵母が働いてお酒が作られていました。

昔は巫女を務めるのは生娘であったように、神様にも捧げるお酒を噛む役割はすべて生娘の仕事でした。


sponsored link

関連記事

no image

ワインのカクテル(2)

・カリモーチョ これは赤ワインとコーラで作るすっきりおいしいカクテルです。コカコーラで作るのも

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(8)

酒吞童子は身動きは取れないものの意識はあり、 「良くも騙したな、貴様ら」 と恨めしそうに

記事を読む

no image

ワインの保存は難しい?2

  開栓後のワインを上手に保存するためには3つの方法があります。 1、ボトルを

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(1)

新年会や忘年会や新入社員の歓迎会などなど、飲み会シーズンになると二日酔いに悩まされる人は多いと思いま

記事を読む

no image

オンザロックビールのすすめ(1)

さぁ、ビールが美味しい季節になりましたね。休日はビアガーデンでビールを飲むという人も多いと思いますが

記事を読む

2024556b2f

生き物を漬け込んだお酒(1)

お酒の中には生き物を漬け込んだお酒があるのを知っていますか?筆者が飲んだことがあるのはマムシ酒、スズ

記事を読む

  • 2018年6月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑