*

チェイサーについて

公開日: : 最終更新日:2015/01/08 お酒, 雑学

チェイサーというものがありますね。これは強いお酒を飲んだ時に、口の中をさっぱりさせるために水を飲むのが一般的です。

このことから、チェイサーといえば水と思っていませんか?実はチェイサーが水であるのは海外では珍しいことで、外人はもっぱらビールをチェイサーにするのが一般的です。これは外人がお酒に強いからできることであって、日本人が強いお酒の合間にビールを飲むようなことをすれば、たちまちひっくり返ってしまう人が続出することでしょう。

 

チェイサーは水ばかりではなく、お酒ごとに合うチェイサーがあるので、覚えておくとお酒が一層美味しく飲めます。例えばウイスキーにはミネラルウォーター、ブランデーならジンジャーエール、バーボンなら炭酸水、焼酎は水かお茶というふうにです。日本手やワインはそもそも強いお酒ではないのでチェイサーは用いません。

 

チェイサーは強いお酒に酔って感覚が鈍くなった舌をリフレッシュさせる効果があります。悪酔いを防ぐ効果もあるので、自宅で飲む時にも積極的に使っていくといいでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

日本酒のつくり方(3)

なんだか醸造アルコールが混ぜられているとわかると、騙されているような気分になりますね。ではどれくらい

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(1)

夏といえばビールと思っている人も多いでしょう。確かにそれも間違いではありませんが、なるに飲むのはカク

記事を読む

no image

芋焼酎はお湯割りで

芋焼酎といえば、他の焼酎に比べて香りが豊かなことが特徴です。鹿児島人からするとほとんどなじみのない飲

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

no image

日本人と酒 13

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1

記事を読む

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

・のの 鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合い

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑