*

赤ワインの効用

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 お酒, ワイン

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大消費地であるフランスでは、心筋梗塞になる人が他の国にくらべて圧倒的に低いのです。そもそも、ポリフェノールに注目が集まったのは、フランス人の心筋梗塞の罹患率に注目が集まり、研究がなされたからです。

ポリフェノールには血液浄化作用があり、血液がサラサラになります。その結果、動脈硬化や心筋梗塞を防いでくれます。フランス人はアメリカ人と同じくらい動物性脂肪を摂取していますが、心筋梗塞にならないのはワインのこの効果のおかげなのです。

ちなみにフランス人がどれくらい赤ワインを飲んでいるかということですが、日本人の年間のワイン消費量の平均が1.2リットルであることに対して、フランス人の年間赤ワイン消費量は60リットルにも及ぶのです。いかにたくさんのワインを飲んでいるかがよくわかりますね。

ちなみにポリフェノールを摂取すると、その抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑えます。活性酸素が働かなくなれば、これが悪玉コレステロールと結びつくことがなくなり、その結果として血液がサラサラになるのです。


sponsored link

関連記事

O_7456005

高アルコールビールって知ってる?(1)

夏はビールが美味しいのですが、ビアガーデンに行くといつも思うことがあります。最初は意気込んで行き、最

記事を読む

youmart_4904230028406

焼酎の甲類と乙類の違い(1)

焼酎には甲類と乙類というふうに分類されていることは知っているでしょうか。また、知っている人はどのよう

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

no image

ウォッカを知ろう(1)

ウォッカと言うのはロシアのお酒です。多くの人はウォッカに対して、無色透明で非常にきついお酒という印象

記事を読む

2024556b2f

生き物を漬け込んだお酒(1)

お酒の中には生き物を漬け込んだお酒があるのを知っていますか?筆者が飲んだことがあるのはマムシ酒、スズ

記事を読む

no image

適度なお酒で健康増進(1)

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」 こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらい

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

  • 2021年1月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑