*

赤ワインの効用

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 お酒, ワイン

赤ワインの健康効果は、ポリフェノールが豊富に含まれることに由来しています。その証拠として、ワインの大消費地であるフランスでは、心筋梗塞になる人が他の国にくらべて圧倒的に低いのです。そもそも、ポリフェノールに注目が集まったのは、フランス人の心筋梗塞の罹患率に注目が集まり、研究がなされたからです。

ポリフェノールには血液浄化作用があり、血液がサラサラになります。その結果、動脈硬化や心筋梗塞を防いでくれます。フランス人はアメリカ人と同じくらい動物性脂肪を摂取していますが、心筋梗塞にならないのはワインのこの効果のおかげなのです。

ちなみにフランス人がどれくらい赤ワインを飲んでいるかということですが、日本人の年間のワイン消費量の平均が1.2リットルであることに対して、フランス人の年間赤ワイン消費量は60リットルにも及ぶのです。いかにたくさんのワインを飲んでいるかがよくわかりますね。

ちなみにポリフェノールを摂取すると、その抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑えます。活性酸素が働かなくなれば、これが悪玉コレステロールと結びつくことがなくなり、その結果として血液がサラサラになるのです。


sponsored link

関連記事

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(2)

ホットワインは、はずれの赤ワインを活用するときの方法です。作り方はとても簡単で、外れワインを一気にお

記事を読む

no image

二日酔いの予防法

二日酔いになった時の対策を紹介してきましたが、最も良いのは二日酔いにならないことであり、予防法を知る

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

ワインのカクテル(5)

・カルピス赤ワイン カルピスと赤ワインを使ったカクテルであり、カルピスの甘さと赤ワインの渋さの

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーでの飲み方~

バーで飲む時にはマナーがあります。それはバーの雰囲気に合わせるということでしょう。例えばワイワイ騒ぎ

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

f16fe9e532fccdff56230b26c1f3222d

世界的に有名な食後酒

・イエガーマイスター 世界中で売られている大変有名なハーブリキュールに、ドイツ産のイエガーマイ

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

芋焼酎はお湯割りで

芋焼酎といえば、他の焼酎に比べて香りが豊かなことが特徴です。鹿児島人からするとほとんどなじみのない飲

記事を読む

  • 2019年6月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑