*

焼酎の効用

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 お酒, 焼酎

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。

しかし、焼酎が日本発祥かといわれると、どうもそうではないようです。もともとはタイの生まれであり、タイから沖縄へ、沖縄から鹿児島へ、鹿児島から全国へと広まっていったそうです。

さて、焼酎が特に効用が高いのはストレス発散効果です。これによって心の歪みを抑える効果があるのです。ストレス大国日本の救世主は焼酎かもしれません。

ストレスが溜まると、人体の持つ防衛本能は高まってしまいます。すると、血液が固まりやすくなって血栓ができるのです。これは、人間が怪我をした時にはストレスを感じとり、防衛本能を高め、出血を止めようとする作用なのです。

これが外傷がないにもかかわらず血管内で起こってしまい、血栓ができ、動脈硬化が起こります。

しかし焼酎を飲めばこれを解消する効果が非常に高く、焼酎の匂いを嗅いだだけでも効果があると言われています。


sponsored link

関連記事

no image

お酒に関する資格(2)

・ビアテイスター ワインにはワインソムリエと言う資格がありますが、ビールにもソムリエの資格があ

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(3)

4、酵母 続いては酵母について書いている個所を見てみましょう。ここには仕込につかわれた酵母の種

記事を読む

cae43c10

生き物を漬け込んだお酒(2)

・スズメバチ酒   スズメバチ酒も作ったことがあります。知り合いの奉職する神社

記事を読む

no image

日本人と酒 3

さらに言うならば、スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治した後に、その尻尾を切り裂いて三種の神器の一

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

秋田県を代表する日本酒(1)

東北に位置する秋田県は日本有数の米どころであり、日本酒造りも盛んな土地です。秋田の日本酒にはおいしい

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

img_1569997_39946597_3

高アルコールビールって知ってる?(2)

・ドゥ・ストライセ・ブラック・アルバート:13.0% これはベルギーのスタウトです。ベルギー王

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑