*

ブランデーの効用

公開日: : 最終更新日:2015/01/06 お酒, ブランデー

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であるため、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用が高いのです。この他にもがん予防などの効果もあります。またポリフェノールにはエラグ酸という物質が含まれており、美容効果や老化防止という効果まで持っています。

意外に知られていないのが糖尿病の改善効果です。ブランデーは甘いため糖尿病とは相性が悪そうなのですが、焼酎と同じで蒸留酒であるため、糖質が含まれていません。従って、糖尿病の人でも安心して飲むことが出来るのです。

このほか、ブランデーには樽の香りが染み込んでいるため、この香りが高いリラックス効果を与えてくれます。ブランデーの香りを楽しむことには森林浴効果があるのです。実験によっても、ブランデーの香りによって記憶力や集中力が高まるということが分かっています。

ちなみに、ポリフェノールや香りは熟成の際の樽に由来するものであるため、熟成年数が長ければ長いほどブランデーの健康効果は高まります。


sponsored link

関連記事

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

images-3

そもそもビールとは何か

ビールってなんだろう、と深く考える機会はおそらくあまりないと思います。麦酒と書く通りに麦を使ったお酒

記事を読む

no image

キューバリブレの話(1)

キューバのカクテルにキューバリブレと言うものがありますが、キューバリブレはキューバが独立する歴史の途

記事を読む

150x150_square_24371462

大阪梅田の焼き肉屋 神戸あぶり牧場

本日は私が良く行く焼き肉屋を紹介してみたいと思います。 焼き肉と言えば、勿論ビールですが、他に

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

日本酒のカクテル(3)

○春の雪 緑鮮やかなカクテルであり、春になって雪が溶け、草木が芽吹いていく季節の到来をイメージ

記事を読む

no image

ギネスビールの魅力

厳しい暑さが続く今日この頃、ビールがおいしい季節となりました。ビールといえば国内産のビールを飲むと言

記事を読む

1syoumasu-hinoki

升酒の正しい飲み方

最近では升酒でお酒を飲むことはほとんどなくなりましたが、今でも何かの祝いの際には升酒を飲む習慣があり

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(2)

日本酒を適切に保存するためには、光を当てないことのほかに温度管理も大切です。基本的な保存温度は常温以

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑