*

ビールができるまで(3)

公開日: : 最終更新日:2014/05/10 お酒, ビール

ここから、いよいよアルコールを造る作業に入ります。まずは1次発酵であり、これに1週間を要します。麦汁を発酵タンクに移して酵母を入れ、その酵母がラガー酵母かエール酵母かによって最適温度に設定して発酵させます。アルコール発酵の様子ですが、まず初日のうちの半日で酵母が増殖してアルコール発酵が始まり、1日後には二酸化炭素の気泡が盛んに出てきます。やがて1週間もすれば泡はクリーム状になります。

1週間たつと酵母の役目は終わります。温度を下げて酵母の活動を停止させます。活動を停止した酵母は、その性質にしたがってラガー酵母ならば下に沈み、エール酵母ならば上に浮かびます。この酵母を除いた部分だけを2次発酵のタンクに移します。

いよいよ最終工程である2次発酵です。これは熟成期間です。このときにはタンクから決して二酸化炭素が漏れないようにしておくことで、ビールの内部に炭酸ガスが溶け込みます。これがビールの泡になります。十分に熟成したならば、残っている酵母を取り除いて殺菌をすれば、ビールの出来上がりです。

 

ビールはこのような手間と暇をかけて造られているのです。ビールによっては何年も熟成させて完成するものもあり、そのようなビールともなれば数年間の品質管理などが必要となり、より手間暇がかかっていると言えるでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(2)

2、精米歩合 これは、原料米がどれくらい精米されたものであるかを示すものです。精米歩合が低く、

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

日本人と酒 13

また、大杯で飲みまわすのではなく、大・中・小の3つの杯を3回ずつ飲みまわすところもあります。つまり1

記事を読む

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(1)

ビールのおつまみには何を食べますか?枝豆、から揚げ、餃子、スナック菓子・・・などなど、和食、中華、養

記事を読む

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

no image

テキーラはセレブのお酒

テキーラと言うと、ダーツバーでダーツに負けた人がバツゲームに飲むような、そのような遊びに使われること

記事を読む

  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑