*

ビールができるまで(3)

公開日: : 最終更新日:2014/05/10 お酒, ビール

ここから、いよいよアルコールを造る作業に入ります。まずは1次発酵であり、これに1週間を要します。麦汁を発酵タンクに移して酵母を入れ、その酵母がラガー酵母かエール酵母かによって最適温度に設定して発酵させます。アルコール発酵の様子ですが、まず初日のうちの半日で酵母が増殖してアルコール発酵が始まり、1日後には二酸化炭素の気泡が盛んに出てきます。やがて1週間もすれば泡はクリーム状になります。

1週間たつと酵母の役目は終わります。温度を下げて酵母の活動を停止させます。活動を停止した酵母は、その性質にしたがってラガー酵母ならば下に沈み、エール酵母ならば上に浮かびます。この酵母を除いた部分だけを2次発酵のタンクに移します。

いよいよ最終工程である2次発酵です。これは熟成期間です。このときにはタンクから決して二酸化炭素が漏れないようにしておくことで、ビールの内部に炭酸ガスが溶け込みます。これがビールの泡になります。十分に熟成したならば、残っている酵母を取り除いて殺菌をすれば、ビールの出来上がりです。

 

ビールはこのような手間と暇をかけて造られているのです。ビールによっては何年も熟成させて完成するものもあり、そのようなビールともなれば数年間の品質管理などが必要となり、より手間暇がかかっていると言えるでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

no image

梅酒の保存について

梅酒をおいしく保存するためにはいくつかのポイントがあります。   まず重要なの

記事を読む

no image

ビールは痛風の原因になる?2

さて、ではなぜビールが痛風の原因になると言われるのでしょうか。これは、ビールにプリン体が含まれている

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

泡盛について(3)

泡盛の最大の特徴は、黒麹菌の発酵によって作られていると言うことです。黒麹菌はクエン酸を作り出す菌であ

記事を読む

no image

日本人と酒 7

神武天皇御東征の場合にも酒の力が発揮されています。このときは戦中におこなわれました。 土蜘蛛と

記事を読む

no image

夏に飲みたい日本酒(1)

梅雨が明ければ夏本番です。夏と言えば冷えたビールを渇いたのどに流し込むというイメージが強いでしょうが

記事を読む

no image

ビアカクテル(2)

・シャンディガフ 筆者が一番好きなビアカクテルはシャンディガフです。ビールが苦手な人にも飲みや

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(3)

○にんにく酒 しょうが酒は比較的よく知られていますが、にんにく酒と言うのもあります。熱燗にした

記事を読む

no image

芋焼酎に使われる麹

芋焼酎の銘柄を見ると、黒霧島、黒伊佐錦等と言う風に、黒と名のついたものが非常に多くあります。これは、

記事を読む

  • 2019年6月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑