*

適度なお酒で健康増進(2)

公開日: : 最終更新日:2015/01/05 お酒, 雑学

では具体的に、適度に飲めばどんな効果があるのでしょうか。

 

・死亡率が低くなる

実に単純明快ですね。死ににくくなります。イギリスのマーモットという学者が研究を行った結果、全く飲まないよりも適度に飲んだほうが死亡率は低くなることが分かったのです。

これはアルコールには血中の善玉コレステロールを増やす働きがあり、その結果としてさまざまな生活習慣病防ぐことができるからだとされています。

 

・食欲増進効果

これは思い当たることがある人も多いのではないでしょうか。食前酒を飲むと食欲が増進されるものです。ビールなどでは炭酸が胃を刺激するので、一層効果が高いです。

 

・血行促進効果

血行促進効果によって、肩こりや腰痛を解消する効果もあります。

 

・ストレス緩和

アルコールで朗らかになれば、ストレスを軽減することができます。

 

以上の効果は、特定のお酒が高い効果を表すこともあります。食欲増進のためにはビール、血行促進には日本酒などというふうにです。それぞれのお酒の特性を知って飲んでいけば、一層高い効果を得られることでしょう。


sponsored link

関連記事

no image

ビールの効用(3)

ビールの苦みや香りのもととなるのはホップですが、ホップが使われていることによって雑菌の繁殖をおさえて

記事を読む

no image

日本酒の管理・保存(5)

最後に日本酒の保存期間ですが、これは何とも言い難いところです。日本酒には基本的に賞味期限がないのです

記事を読む

no image

バーボンのすすめ1

バーボンの正式名称はバーボンウイスキーですが、バーボンはアメリカ合衆国のケンタッキー州を中心に作られ

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(3)

○ロングアイランド・アイスティー アメリカニューヨーク、ロングアイランドで作られたカクテルです

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(4)

○とろろ酒 これもしょうが酒やにんにく酒に通じるものです。山芋をすりおろしておわんに入れ、だし

記事を読む

20080402114602_img1_19

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(2)

○発泡酒 次に発泡酒について解説します。筆者もキリンの淡麗をよく飲みますが、ビールは高いから発

記事を読む

no image

ビールに使われている水

お酒は飲み物であり、飲み物である以上は原料となる水にどのような水を使うかによって、おいしいお酒になる

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(4)

ワインが一躍脚光を浴びたのは、近年ポリフェノールの健康効果が注目されたことによります。赤ワインの原料

記事を読む

no image

日本人と酒 16

今では、酒を買ってきて家で夜のむ独酌のことを「晩酌」と言いますね。以前はこれを「おしきせ」と言ってい

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑