*

適度なお酒で健康増進(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/04 お酒, 雑学

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」

こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらいの事を言うのでしょうか。このことは厚生労働省とアルコール健康学協会が明確な量を出しています。

 

まずは社団法人アルコール健康学協会が打ち出す量です。この量を示すとき、「単位」という単語を用います。これは、純アルコール量に換算したときの量を指し、1単位は純アルコール量換算で約20~25gとされています。アルコール健康学協会では1~2単位の飲酒が適切であるとしているので、お酒を種類別に1単位の量を表記すると、

 

・ビール(アルコール度数5度)→中瓶1本(500ml)

・日本酒(アルコール度数15度)→1合(180ml)

・焼酎(アルコール度数25度)→0.6合(110ml)

・ウイスキー(アルコール度数43度)→ダブル1杯(60ml)

・ワイン(アルコール度数14度)→4分の1本(180ml)

・缶チューハイ(アルコール度数5度)→1.5缶(520ml)

 

くらいが一日辺りの適切な量とています。

そして厚生労働省では国民健康づくり運動のなかで1日当たりの適切な飲酒の量は1単位であるとしています。

 

・・・これじゃ少ないって思う人は筆者だけじゃないでしょう。そのような人は少しお酒が強い人でしょうから、3単位くらいは飲んでも大丈夫だと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(1)色

ワインは色と香り、そして味で楽しみます。この3つの要素を観察してワインを評価することをワインテイステ

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(1)

夏バテに効く梅酒は夏こそ飲みたいお酒です。ここでは、梅酒の楽しみを何倍にも広げる、梅酒カクテルの作り

記事を読む

no image

血糖値にもいい芋焼酎

糖質を含んだお酒は血糖値が上がる作用があるため、血糖値が高い人は飲むことはできません。しかし蒸留酒は

記事を読む

no image

ビール腹の真実(1)

さて、ビールがおいしい時期になってきましたね。喉の渇きを我慢して我慢して、家に帰って冷蔵庫に欠けより

記事を読む

no image

日本酒はなぜ冬場に仕込むのか

日本酒が仕込まれるのは、11~3月の厳寒期であり、この時期に仕込むため「寒仕込み」と言います。では、

記事を読む

no image

いい焼酎の見極め方

日本人になじみの深い酒と言えば、日本酒と供に焼酎が挙げられます。焼酎と言えば麦、芋、米、黒糖、蕎麦な

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

Unknown-1

二日酔いの予防1

二日酔いの予防と聞くと、今日のお酒の量を少なくしたり、 本当は焼酎ロックでいきたいところを、焼酎水

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑