*

適度なお酒で健康増進(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/04 お酒, 雑学

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」

こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらいの事を言うのでしょうか。このことは厚生労働省とアルコール健康学協会が明確な量を出しています。

 

まずは社団法人アルコール健康学協会が打ち出す量です。この量を示すとき、「単位」という単語を用います。これは、純アルコール量に換算したときの量を指し、1単位は純アルコール量換算で約20~25gとされています。アルコール健康学協会では1~2単位の飲酒が適切であるとしているので、お酒を種類別に1単位の量を表記すると、

 

・ビール(アルコール度数5度)→中瓶1本(500ml)

・日本酒(アルコール度数15度)→1合(180ml)

・焼酎(アルコール度数25度)→0.6合(110ml)

・ウイスキー(アルコール度数43度)→ダブル1杯(60ml)

・ワイン(アルコール度数14度)→4分の1本(180ml)

・缶チューハイ(アルコール度数5度)→1.5缶(520ml)

 

くらいが一日辺りの適切な量とています。

そして厚生労働省では国民健康づくり運動のなかで1日当たりの適切な飲酒の量は1単位であるとしています。

 

・・・これじゃ少ないって思う人は筆者だけじゃないでしょう。そのような人は少しお酒が強い人でしょうから、3単位くらいは飲んでも大丈夫だと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

ワインの保存は難しい?2

  開栓後のワインを上手に保存するためには3つの方法があります。 1、ボトルを

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

no image

フランスのお酒はフレンチとともに

フランスのお酒と言えば、ワインです。フランス人にとってはワインは非常に身近な存在であり、フランス人は

記事を読む

no image

ビールは世界中で愛されている

日本人もビールが大好きであり、居酒屋などに行けば「とりあえず生で」というのが合言葉のようになっている

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(7)

酒吞童子が奥に引っ込み、座には鬼たちと頼光一行が残ることになりました。頼光たちは神便鬼酒を周囲の鬼た

記事を読む

Unknown-2

ビールに合うおつまみ・食事

前回、日本酒に合うおつまみ・食事を紹介致しました。 と言っても基本おつまみの話しかしていませんが(

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。

記事を読む

  • 2020年6月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑