*

適度なお酒で健康増進(1)

公開日: : 最終更新日:2015/01/04 お酒, 雑学

「お酒は適度に飲めばとても体にいいものだ」

こんなことをよく言いますが、では適度とはどれくらいの事を言うのでしょうか。このことは厚生労働省とアルコール健康学協会が明確な量を出しています。

 

まずは社団法人アルコール健康学協会が打ち出す量です。この量を示すとき、「単位」という単語を用います。これは、純アルコール量に換算したときの量を指し、1単位は純アルコール量換算で約20~25gとされています。アルコール健康学協会では1~2単位の飲酒が適切であるとしているので、お酒を種類別に1単位の量を表記すると、

 

・ビール(アルコール度数5度)→中瓶1本(500ml)

・日本酒(アルコール度数15度)→1合(180ml)

・焼酎(アルコール度数25度)→0.6合(110ml)

・ウイスキー(アルコール度数43度)→ダブル1杯(60ml)

・ワイン(アルコール度数14度)→4分の1本(180ml)

・缶チューハイ(アルコール度数5度)→1.5缶(520ml)

 

くらいが一日辺りの適切な量とています。

そして厚生労働省では国民健康づくり運動のなかで1日当たりの適切な飲酒の量は1単位であるとしています。

 

・・・これじゃ少ないって思う人は筆者だけじゃないでしょう。そのような人は少しお酒が強い人でしょうから、3単位くらいは飲んでも大丈夫だと思います。

 


sponsored link

関連記事

no image

世界で年間1.5億キロリットル飲まれるビール

最も多く飲むお酒はビールだという人は少なくないのではないでしょうか。では、実際にはビールは全世界でど

記事を読む

no image

悪酔いの原因は?

悪酔いをしてしまう原因は、アセトアルデヒドという毒素によります。 アルコールを摂取すると、その

記事を読む

no image

タスト・ド・パンとは

ソムリエの格好を見ると、首から灰皿のような容器をぶら下げているのを見たことがあるかと思います。この容

記事を読む

no image

ビールの効用(2)

ビールの効用として、ストレス解消効果が挙げられます。ビールに限らず、アルコール全般にはストレス解消効

記事を読む

26079494

大阪のおすすめ居酒屋・バー(大阪・梅田(北)編1)

本日は、私が大阪・梅田で本当にお気に入りの焼鳥を紹介したいと思います。 こんなブログを書いててなん

記事を読む

no image

フランス流飲みすぎ対策

ワインの年間消費量が世界ダントツ1位のフランスの人たちは、どのようにして飲みすぎ対策をしているのでし

記事を読む

no image

日本人と酒 11

現代に伝わる古代の酒盛りを見ると、神社の後の直会や田舎の風習に残っています。神社では大きなお祭りが終

記事を読む

no image

世界中でのまれるワイン(3)

ワインは製法によって名前が変わります。スティルワイン(非発泡性ワイン)、スパークリングワイン(発泡性

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

  • 2019年3月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑