*

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

公開日: : 最終更新日:2015/01/03 お酒, カクテル

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。
仲良くなることで、裏メニューやその日のおすすめを味わうことが出来るかもしれません。例えば「実はね、お客さん。今日はいいカボスが入ってるんだよ。それでジントニックでもつくりましょうか」などという有り難い配慮をしてもらえるかもしれません。または客に合わせて「そのお酒が好きなら、きっとこのお酒も好きなはずですよ」と別のカクテルを提供してくれたりもします。
さらに、腕のいいバーテンダーは、客と話して仲良くなる内に、その客の性格や味覚、あるいはその時の気分に合わせて好みのカクテルを機敏に察知し、その客が好むところのカクテルを提供することができます。
考えてもみてください。バーに定期的に通うようになり、バーテンダーと少しずつコミュニケーションをとっていくと、あるとき何も言わずにバーテンダーがカクテルを出してくれたとします。飲んでみるとまさしく自分の好みの味。なにも言わずに好みの味を提供できるプロの技や、酒を通じて人から理解されている喜びも味わうことができ、何とも言えない満たされた気持ちになるでしょう。まさに「大人の付き合い」がそこにあるのです。
このようなバーを行きつけとして持っていることは人生において非常に有益なことでしょう。何事かに悩んだ時などバーへ行くと、そのときの気分に合わせてバーテンダーがお酒を提供してくれ、それをしんみりと飲む。そしてバーの隅に歎きを置いてくる。こういうお酒の嗜みができる男になりたいものです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

c4e9fe02

実はコルクは凄かった(1)

自分の飲んだワインの記念にコルクを収集する人もいますが、実はこのコルクは非常に時間をかけて作られてい

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(3)

女は、酒吞童子の恐ろしさをかたりました。酒吞童子は女をさらうと斬り裂き、生き血を飲んだり、食べたりし

記事を読む

20101002160919

ワインとグラス

ワイングラスには非常に様々な形があることは皆さんすでにご存じでしょう。では、なぜあれほど様々な形があ

記事を読む

no image

世界の宗教とお酒(2)

・ヒンドゥー教=好ましくない ヒンドゥー教は神道と似ており様々な神様が存在し、さらには教典もあ

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(1)

日本人の思想の発露の一形態として、筆者は妖怪と言うものに大変な興味を抱いています。お酒のコラムを書く

記事を読む

no image

芋焼酎のおいしい飲み方

芋焼酎をおいしく飲むためには、そのための方法があります。ここではおいしく飲むための方法を学んで、芋焼

記事を読む

no image

日本酒初心者が知るべき10銘柄

日本酒になじみがなかった人が日本酒を始めようと思った時、銘柄のあまりの多さにびっくりして何をどう飲ん

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

  • 2021年7月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑