*

バーで飲むこと~バーの醍醐味~

公開日: : 最終更新日:2015/01/03 お酒, カクテル

バーはただお酒を飲んで酔っ払う場所ではありません。バーの醍醐味は、バーテンダーと仲良くなることです。
仲良くなることで、裏メニューやその日のおすすめを味わうことが出来るかもしれません。例えば「実はね、お客さん。今日はいいカボスが入ってるんだよ。それでジントニックでもつくりましょうか」などという有り難い配慮をしてもらえるかもしれません。または客に合わせて「そのお酒が好きなら、きっとこのお酒も好きなはずですよ」と別のカクテルを提供してくれたりもします。
さらに、腕のいいバーテンダーは、客と話して仲良くなる内に、その客の性格や味覚、あるいはその時の気分に合わせて好みのカクテルを機敏に察知し、その客が好むところのカクテルを提供することができます。
考えてもみてください。バーに定期的に通うようになり、バーテンダーと少しずつコミュニケーションをとっていくと、あるとき何も言わずにバーテンダーがカクテルを出してくれたとします。飲んでみるとまさしく自分の好みの味。なにも言わずに好みの味を提供できるプロの技や、酒を通じて人から理解されている喜びも味わうことができ、何とも言えない満たされた気持ちになるでしょう。まさに「大人の付き合い」がそこにあるのです。
このようなバーを行きつけとして持っていることは人生において非常に有益なことでしょう。何事かに悩んだ時などバーへ行くと、そのときの気分に合わせてバーテンダーがお酒を提供してくれ、それをしんみりと飲む。そしてバーの隅に歎きを置いてくる。こういうお酒の嗜みができる男になりたいものです。


sponsored link

関連記事

no image

日本人と酒 6

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

no image

お酒に強い人と弱い人(2)

一番お酒が弱い人は小さなグラスにビールを一杯のんだだけでも酩酊するものですが、これは父親と母親の両方

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(4)

酒吞童子は見慣れない奴らが来たとばかりに、お前たちは誰だといぶかしがるので、頼光たちは、自分たちはた

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

はずれワインの活用法(1)

ワインの好みは人によって大きく異なることもあるため、なんとなく買ってみた銘柄が自分の口に合わなかった

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(1)

家で缶ビールを飲む人は多いものですが、缶ビールをおいしく飲むポイントを押さえているでしょうか。ここで

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(3)

二日酔いを解消する方法3   ・ツボをマッサージする 二日酔いを解消する

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

20070725115958_img1_29

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(1)

酒屋のビールコーナーに行くと、ビール・発泡酒・第3のビールがおいてあります。ビールはもちろんビールそ

記事を読む

  • 2020年2月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑