*

夏も焼酎を美味しく飲もう(2)

公開日: : 最終更新日:2014/12/31 お酒, 焼酎

○オンザロック

この飲み方は定番ですね。夏も冷えた焼酎を美味しく飲みたいものです。ポイントはできるだけ大きな氷をロックグラスに入れて焼酎を注ぐというものです。オンザロックでは氷の味が全体の味を左右しますから、できれば市販のかち割り氷を使うのがおすすめです。水道水を凍らせて家庭で作った氷では、どうしても雑味が出てしまいます。

 

○ハイボール

ハイボールといえば昨今のブームからウイスキーハイボールを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、ハイボールの元祖は焼酎を炭酸水で割ったものなのです。そもそも「チューハイ」という言葉も「焼酎」の「酎」と「ハイボール」の「ハイ」を足して「酎ハイ」なのです。

作り方の元祖は焼酎:炭酸水=1:4で混ぜ合わせるだけです。濃い目が好きな人は焼酎:炭酸水=1:2で作ります。

仕上げにレモンなどの柑橘類を絞れば爽やかな夏の飲み物の完成です。さわやかな飲みごたえはビールにも負けないものです。


sponsored link

関連記事

no image

人類と酒の付き合い(2)

しかし香水作りには使われていましたが、醸造酒を蒸留してみようと考えた人は長らく現れませんでした。しか

記事を読む

NP5Zy3FxwzDu5E7Nahv4dwfi32OKaH5LaCLU9dDVo9gOe9JQYZKuqrRf_ZRiEDW0IHcRsvVC6mC0vaTEMPP6IqoSBiH7y3fu4UyzkWO8x25TGRvwEl0_6ZcmuugSmQ--

大阪のオススメ居酒屋・バー(大阪・福島編1)

私は大阪に住んでるんですが、良く行くオススメのバーや居酒屋を紹介していこうと思います。 本日第

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

北海道の日本酒(2)

・国士無双 高砂酒造の代表銘柄です。中国の古典である史記から名づけられており、名前から受けるイ

記事を読む

no image

鹿児島の食文化と芋焼酎

鹿児島に来て色々なものを食べてみると、初めての人は口をそろえてこういいます。 「味付けが甘い!

記事を読む

no image

ビールに合う意外なもの

以前某テレビ番組で、ビールに合う意外なおつまみが紹介されていました。普通、ビールのおつまみと言われれ

記事を読む

no image

焼酎の効用

焼酎は日本人には馴染みが深いお酒です。筆者は特に九州の産なので、特に馴染みが深いですね。 しか

記事を読む

no image

ビール腹の真実(2)

ビール腹のイメージから、ビールは高カロリーのように思われています。しかし、実はビールのカロリーは低い

記事を読む

no image

日本人と酒 1

日本人にとって酒がどのようなものであったかは、日本最古の書物である古事記を見るとよくわかります。古事

記事を読む

no image

日本人と酒 12

田舎に残っている風習を見ても、古代の酒盛りが残っています。たとえば結婚式の席などで、酒が1升も2升も

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑