*

ビールができるまで(2)

公開日: : 最終更新日:2014/05/09 お酒, ビール

アミラーゼが十分につくられたら、次は焙燥(ばいそう)という工程に入ります。簡単にいえば乾燥させる作業であり、芽の成長を一定の長さのタイミングで止めるために行います。このとき、焙燥の温度が高ければ高いほど、色の濃いビールとなります。

第三段階は仕込です。乾燥させた麦芽を粉末状にして50度くらいのお湯につけて、その液をろ過することによってでんぷんや酵素を抽出し、「麦汁」というものを作ります。この麦汁をさらに50度くらいに温めて1時間ほど待つと、麦芽の中にあるタンパク質が分解されます。ここからさらに67度くらいに温度を挙げて時間ほど待つと、第一段階でつくっておりたアミラーゼの働きが活発になり、麦汁に含まれるでんぷんを糖分に変えます。十分に糖化したならば、さらに温度を78度まで上げてアミラーゼの働きを止めます。

こうしてできた麦汁は、100度で1~2時間ほど煮沸され、この時に苦みホップを入れて苦みを出します。そして煮沸が終わってから香りホップを入れて香りづけをします。これが仕込と呼ばれる工程で、約一日を要します。

各ビールの味の違いは、仕込みの段階で大きく表れることとなるでしょう。すなわち苦みが強いビール、香り高いビールなどは、用いるホップの種類や量で大きな差を生むことになるからです。

 


sponsored link

関連記事

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(6)

酒吞童子は頼光たちが吃驚していることも知らずに話を続けます。 「わしも本当は都に住みたいと思っ

記事を読む

no image

ジンの効用

筆者が大好きなお酒の一つジンにも、多くの効用があります。 なにせ、ジンというお酒はもともと薬と

記事を読む

no image

北海道の日本酒(1)

日本酒と言えば新潟を筆頭に東北が有名です。北海道の日本酒はほとんど知られていませんが、北海道もおいし

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(2)蜂蜜酒

この他、はちみつが減量となっている蜂蜜酒と言うものもあります。これは非常に歴史の古いお酒で、神話に登

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(3)

○水割り そしてなんといっても、美味しく簡単に作れる焼酎の飲み方の定番、水割りも夏に欠かせない

記事を読む

no image

焼酎の甲類と乙類の違い(2)

このように、甲類は特徴のない、アルコール臭い、おいしくない焼酎です。 これに対して乙類はおいし

記事を読む

no image

日本酒の作り方(1)

日本酒は日本人にとって大変馴染み深い酒です。「酒」といえば日本酒を意味するほどです。 さて、日

記事を読む

1syoumasu-hinoki

升酒の正しい飲み方

最近では升酒でお酒を飲むことはほとんどなくなりましたが、今でも何かの祝いの際には升酒を飲む習慣があり

記事を読む

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑