*

夏に飲みたい日本酒(2)

公開日: : 最終更新日:2014/12/29 お酒, 日本酒

○篝火・極寒しぼり 生原酒

これは菊川酒造がつくる「篝火」の生原酒です。「極寒しぼり」の名前の通り、一年で最も寒い大寒に仕込んだ日本酒です。

フルーティな香りが特徴的であり、冷蔵庫でよく冷やして飲めば、すっきりした味わいとのど越し、そして鼻から抜けるさわやかな香りが夏の暑さを癒してくれます。

 

○辛口一献

ここまで挙げてきたお酒はどれも少々お高い日本酒です。ちょっとそこまではお金をかけられないけれども夏場もおいしく日本酒が飲みたいと言う人には、辛口一献などはどうでしょうか。

辛口一献は黄桜のつくる純米酒であり、安いながらも素晴らしくキレ味のつよい日本酒です。淡麗辛口そのものと言った味わいであり、確かに上善如水や篝火のようなフルーティさはないものの、よく冷やして飲めば夏場の日本酒にはぴったりであると思います。

淡麗であるからこそ軽い味付けの料理から濃い味付けの料理にもよく合うため、これもお勧めポイントです。


sponsored link

関連記事

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

no image

ビールに使われている水

お酒は飲み物であり、飲み物である以上は原料となる水にどのような水を使うかによって、おいしいお酒になる

記事を読む

no image

お酒と微生物(2)

昔のお酒は非常に原始的な方法で発酵させていました。 そもそもお酒の発見は、熟しきった果実が地面

記事を読む

150x150_square_24371462

大阪梅田の焼き肉屋 神戸あぶり牧場

本日は私が良く行く焼き肉屋を紹介してみたいと思います。 焼き肉と言えば、勿論ビールですが、他に

記事を読む

no image

ビールをおいしく飲むコツ(1)

せっかくビールによって至福のひと時を過ごすならば、やはりできるだけおいしく飲みたいものです。そのため

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

no image

キューバリブレの話(2)

キューバリブレはラム酒とコーラを混ぜたものですが、この他にもモヒートやダイキリなどのように、キューバ

記事を読む

no image

お酒はこんなものからも作られている(2)蜂蜜酒

この他、はちみつが減量となっている蜂蜜酒と言うものもあります。これは非常に歴史の古いお酒で、神話に登

記事を読む

no image

テキーラはセレブのお酒

テキーラと言うと、ダーツバーでダーツに負けた人がバツゲームに飲むような、そのような遊びに使われること

記事を読む

no image

二日酔いの予防法

二日酔いになった時の対策を紹介してきましたが、最も良いのは二日酔いにならないことであり、予防法を知る

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑