*

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

公開日: : 最終更新日:2014/12/29 お酒, ビール

○第3のビール

第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25%未満であり、副原料は発泡酒と同様に規定がないものです。麦芽の使用率が25%未満であることから酒税が最も安く、価格も安く抑えられています。

第3のビールは製法によってさらに2種類に分類されます。ひとつ目は麦以外を主原料としたものであり、「その他の醸造酒」という分類のものです。そしてふたつ目は発泡酒にスピリッツや蒸留酒を加えてビールに近い味を作り出した「リキュール」という分類です。

麦芽の使用量は極めて少ないにもかかわらずビールに似た味が再現できるのは、企業努力と言えるでしょう。

 

機会があればビール・発泡酒・第3のビールの3種類を飲み比べてみましょう。それぞれ単一で飲んでいたときに比べて、こんなにも味がちがうものかと驚くと思います。特に、ビールのよさを再認識する、あるいはビールに近いお酒の完成度の高さを味わうなど、楽しむことができると思います。


sponsored link

関連記事

20080402114602_img1_19

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(2)

○発泡酒 次に発泡酒について解説します。筆者もキリンの淡麗をよく飲みますが、ビールは高いから発

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

no image

二日酔いを解消する方法(2)

・汗をかこう 汗をかくと言う方法は有効な方法です。汗をかくと体の代謝が高まるため、二日酔いの原

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(2)

しかし、ヨーロッパ中に広まったワインですが、不思議とアジアには広まっていませんし、むしろチリなどの南

記事を読む

no image

お燗のポイント

お燗をするとき、熱燗にするつもりがぬる燗になってしまった、またはぬる燗にするつもりが熱燗になってしま

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(2)

○グラスを変える 普段はお猪口で飲んでいる日本酒も、グラスを変えて飲むことでまた違った味わいに

記事を読む

no image

ブランデーの正しい飲み方

ブランデーの飲み方として正しいものは、口がすぼまった、底が広い形をしたバルーングラスに注ぎ、底を手の

記事を読む

no image

夏に飲みたいカクテル(3)

○ロングアイランド・アイスティー アメリカニューヨーク、ロングアイランドで作られたカクテルです

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

アルコール依存症の恐怖

アルコール依存症は、昔は意志が弱い、だらしがない、道徳観が低いなどというマイナスイメージがつきまとっ

記事を読む

  • 2019年6月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑