*

ビール・発泡酒・第3のビールの違い(3)

公開日: : 最終更新日:2014/12/29 お酒, ビール

○第3のビール

第3のビールは、新ジャンルという呼び方でも呼ばれます。これは麦芽の使用率が25%未満であり、副原料は発泡酒と同様に規定がないものです。麦芽の使用率が25%未満であることから酒税が最も安く、価格も安く抑えられています。

第3のビールは製法によってさらに2種類に分類されます。ひとつ目は麦以外を主原料としたものであり、「その他の醸造酒」という分類のものです。そしてふたつ目は発泡酒にスピリッツや蒸留酒を加えてビールに近い味を作り出した「リキュール」という分類です。

麦芽の使用量は極めて少ないにもかかわらずビールに似た味が再現できるのは、企業努力と言えるでしょう。

 

機会があればビール・発泡酒・第3のビールの3種類を飲み比べてみましょう。それぞれ単一で飲んでいたときに比べて、こんなにも味がちがうものかと驚くと思います。特に、ビールのよさを再認識する、あるいはビールに近いお酒の完成度の高さを味わうなど、楽しむことができると思います。


sponsored link

関連記事

no image

お酒に関する資格(1)

お酒を愛してやまない皆様の中には、自他共に認めるお酒愛好家になるためにも、お酒の資格はないのだろうか

記事を読む

no image

白ワインの醸造法

次に白ワインの醸造方法です。白ワインを作る時には果実のみを発酵させるという方法もありますが、果皮の色

記事を読む

no image

梅酒を使ったカクテル(2)

・梅酒ジンジャー ホットでもアイスでも楽しめます。アイスならば氷にジンジャーエールと梅酒を注ぎ

記事を読む

no image

「駆けつけ三杯」ではなぜ「三杯」飲むのか

宴会に遅れて参加した人に対して「駆けつけ三杯」というものを行い、とりあえず三杯の酒を飲ませるという習

記事を読む

no image

ビールのおいしさを保つための保存の方法

ビールをまとめ買いしておき、必要に応じて冷やして飲むという人は多いともいます。そのような場合、保存の

記事を読む

no image

休日の昼から飲むならこのお酒

贅沢な休日の過ごし方の一つに、昼からお酒を飲むと言うものがあります。とくにいい天気の日にウッドデッキ

記事を読む

no image

日本人と酒 1

日本人にとって酒がどのようなものであったかは、日本最古の書物である古事記を見るとよくわかります。古事

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(1)

日本酒のラベルには様々なデザインがあり、ラベルをコレクションするコレクターもいるだけですが、ラベルに

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

no image

日本人と酒 14

古代の酒盛りは神聖なものでしたが、それは時代とともに変わってきました。それは酒の醸造技術が進歩し、そ

記事を読む

  • 2021年10月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑