*

日本酒のラベルの見方(2)

公開日: : 最終更新日:2014/12/26 お酒, 日本酒

2、精米歩合

これは、原料米がどれくらい精米されたものであるかを示すものです。精米歩合が低く、米粒の中心に近い部分が原料になればなるほど、雑味のないすっきりとした日本酒に仕上がります。つまり、精米歩合として表記されている値が低い日本酒ほど上質な日本酒であると言うことです。目安としては、精米歩合が60%以下の日本酒は吟醸酒、50%以下の日本酒は大吟醸酒となります。

 

3、仕込水

これは仕込のための水、つまり醸造の際に使われる水はどのような水であるかを示すものです。やはりアルコール飲料にしろ、ノンアルコール飲料にしろ、飲料である以上は仕込に使われる水の味は製品の味そのものを左右する大切な要素となります。そのため、仕込水にはこだわった日本酒であるに越したことはありません。

目安としては、硬水であればリンやカリウムといったミネラル含有量が多いため辛口の日本酒になり、軟水で仕込めば甘口の日本酒になります。この点も日本酒を選ぶときには重視していきましょう。


sponsored link

関連記事

no image

発酵って何?(1)

お酒に関する話題を扱うときには、よく「発酵」という言葉を使いますが、これはじつはどういう意味なのか、

記事を読む

no image

ビール腹の真実(3)

したがって、ビールを飲む際には心がけておくべきことがあります。太らない飲み方があるのです。 &

記事を読む

no image

日本人と酒 10

当時はこのように非常に貴重なものでした。醸造が困難なものであったのです。「さけ」という名称も酒の持つ

記事を読む

no image

ビアカクテル(1)

ビールがおいしい季節になりましたが、ビールはそのまま飲むだけでなく、カクテルの材料としてビアカクテル

記事を読む

no image

千鳥足の語源

ひどく酔っぱらうとまっすぐ歩くことが困難になり、ふらふらしながら歩くことになります。このことを「千鳥

記事を読む

no image

缶ビールのおいしい飲み方(2)

次に冷やし方です。おいしく飲むためにやっているはずの冷やし方が実は間違っていて、味を損なっているかも

記事を読む

rento011

黒糖焼酎「れんと」

黒糖焼酎は奄美大島でしか作られませんが、なかでも有名なのは「れんと」ではないでしょうか。開運酒造とい

記事を読む

no image

日本酒の色々な飲み方(2)

○グラスを変える 普段はお猪口で飲んでいる日本酒も、グラスを変えて飲むことでまた違った味わいに

記事を読む

no image

芋焼酎に使われるサツマイモ

芋焼酎の原料は、ご存知の通りサツマイモです。しかし一般的にサツマイモと言えば、赤紫色の皮に包まれたも

記事を読む

no image

日本人と酒 9

食糧事情が現代ほど豊かでない古代においては、米を使って作る酒は貴重なものでした。そのため、普段から飲

記事を読む

  • 2019年7月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑