*

スパークリング日本酒を楽しもう!(3)

公開日: : 最終更新日:2014/10/30 お酒, 日本酒

・のの

鮮やかなピンク色をしたスパークリング日本酒です。本当に日本酒か疑いたくなるほどの色合いですが、これは紫蘇エキスによって色付けがされているもので、安心して飲むことができます。軽い酸味が甘いおつまみによく合います。

 

・ときめき

日本酒のイメージが全くわかない、スパークリングのゼクトのような甘さと酸味をもった日本酒です。食後酒にもおすすめの一品です。

 

・澪(みお)

澪にはほどよい酸味があり、その酸味が爽やかですっきりとした味わいを醸しているスパークリング日本酒です。瓶のデザインもスタイリッシュでスパークリング日本酒によく合うデザインです。

 

・泡の妖精

瓶内で発酵させることによって炭酸ガスを詰めたスパークリング日本酒です。白桃酵母という酵母で発酵させることによって、上品な甘さとさわやかな酸味、よい香りが楽しめるものです。瓶のでサインも妖精のイラストをあしらったやわらかなラベルと水色の瓶であり、とてもやさしいイメージに仕上がっています。


sponsored link

関連記事

no image

杜氏ってどんな人?(1)

みなさんも杜氏(とうじ)という言葉を聞いたことがあると思います。日本手の作り手のことを杜氏と言います

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

ビール

古代からのビールの歩み

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどう

記事を読む

cae43c10

生き物を漬け込んだお酒(2)

・スズメバチ酒   スズメバチ酒も作ったことがあります。知り合いの奉職する神社

記事を読む

no image

泡盛について(2)

次に、泡盛の歴史を見ていきましょう。泡盛の歴史は波乱に満ちています。 例えば、泡盛の歴史を語る

記事を読む

no image

酔っ払いと他の生き物

酔っぱらいというものは、時に人間と他の生き物の関係における均衡を崩してしまいます。その例を2つほど見

記事を読む

no image

日本酒のラベルの見方(3)

4、酵母 続いては酵母について書いている個所を見てみましょう。ここには仕込につかわれた酵母の種

記事を読む

images-7

ビールは古代から存在した

四月ももうすぐ終わりです。間もなく暑い夏がやってきます。暑い中で仕事をするのは大変なものですが、冷え

記事を読む

no image

日本人と酒 8

もうひとつの例がヤマトタケルノミコトがクマソタケルを討伐した際のことです。 ヤマトタケルノミコ

記事を読む

no image

ビールを飲むと痛風になる?1

夏真っ盛りになりましたね。夏と言えば色々なイベントが盛りだくさんですが、それらのイベントによってお酒

記事を読む

  • 2019年4月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑