*

古代からのビールの歩み

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 お酒, ビール ,

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどうかというところに違いがあります。古代のビールにはホップがまだ使われていなかったため、今のビールと比べて非常に味気ないものだったと思います。したがって、飲んで味を楽しむと言うものではなく、酔うことによって得られる効用を目的として飲まれていたことが予想されます。

ホップが使われ始めたのは、8世紀ごろのバイエルン地方であるとされています。さすがはビール大国・ドイツと言ったところです。これによってビールには苦みと香りが加わり、殺菌作用ももたらされました。このころから、ビールを作るためにはホップが使われるという醸造方法がヨーロッパ中に広まり、ビールの醸造方法が確立されました。昔の人々はそれまでの長い間、味気ないビールを飲んでいたということですから、ビールにおける暗黒時代は非常に長かったといってもよいでしょう。

ちなみに、日本にビールが伝来したのは江戸時代の初期です。当時の貿易都市である長崎に伝わったのが初めてのことです。江戸時代末期に日本国内でも醸造が始まり、明治の文明開化とともに本格的にビール造りが始まりました。


sponsored link

関連記事

no image

スパークリング日本酒を楽しもう!(1)

スパークリング日本酒とは発泡性の日本酒であり、日本酒が苦手な人でも飲みやすく、また一般的な日本酒に慣

記事を読む

no image

お酒の妖怪・のた坊主(2)

のた坊主は縛りあげられ、涙を流して謝り、許しを乞いました。しかし酒蔵の人々は決して許そうとはせず、ど

記事を読む

梅酒ゼリー

梅酒ゼリーを作ってみよう

梅酒は甘く爽やかな味わいを持っており、女性からも大人気のお酒です。梅酒を使ってゼリーを作ることもでき

記事を読む

1990724

ワインとグラス(2)

・まろやかで甘い白ワイン 次に白ワインですが、まろやかで甘味があり、フルーティな香りを持ってい

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(10)

以前、古事記に現れている日本人とお酒と関係を述べる際、須佐之男命のヤマタノオロチ退治、倭武命のクマソ

記事を読む

no image

日本人と酒 18

ここまで述べてきたとおり、日本人と酒というものは太古の昔から密接な関係があります。スサノオノミコトの

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(8)

酒吞童子は身動きは取れないものの意識はあり、 「良くも騙したな、貴様ら」 と恨めしそうに

記事を読む

kasisu

女性に人気のフルールビール(2)

○ブーン・クリーク これはサクランボを漬け込んで作られたフルーツビールです。さわやかな酸味と上

記事を読む

no image

お酒好きの妖怪・酒吞童子(2)

さて、酒吞童子退治に向かった一向が出発して間もなく、一行の前に小屋が現れました。小屋には3人のお爺さ

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

  • 2020年9月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑