*

古代からのビールの歩み

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 お酒, ビール ,

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどうかというところに違いがあります。古代のビールにはホップがまだ使われていなかったため、今のビールと比べて非常に味気ないものだったと思います。したがって、飲んで味を楽しむと言うものではなく、酔うことによって得られる効用を目的として飲まれていたことが予想されます。

ホップが使われ始めたのは、8世紀ごろのバイエルン地方であるとされています。さすがはビール大国・ドイツと言ったところです。これによってビールには苦みと香りが加わり、殺菌作用ももたらされました。このころから、ビールを作るためにはホップが使われるという醸造方法がヨーロッパ中に広まり、ビールの醸造方法が確立されました。昔の人々はそれまでの長い間、味気ないビールを飲んでいたということですから、ビールにおける暗黒時代は非常に長かったといってもよいでしょう。

ちなみに、日本にビールが伝来したのは江戸時代の初期です。当時の貿易都市である長崎に伝わったのが初めてのことです。江戸時代末期に日本国内でも醸造が始まり、明治の文明開化とともに本格的にビール造りが始まりました。


sponsored link

関連記事

no image

飲みニケーションのすすめ(1)

飲みニケーションという言葉は今や死語となってしまいました。これは「飲み」と「コミュニケーション」を組

記事を読む

no image

ビールの効用(1)

酒は百薬の長と言われますが、ビールも例外ではありません。適度に飲むビールは様々な効果をもたらしてくれ

記事を読む

no image

実はコルクは凄かった(2)

驚くべきことは、コルクを作るのには非常に時間がかかるということです。 コルクはコルクガシという

記事を読む

no image

世界中のビールのおつまみ(3)

・台湾・・・五香黒胡椒毛豆 台湾と言えば立ち並ぶ屋台が印象的です。台湾のビールはアルコール度数

記事を読む

梅酒ゼリー

梅酒ゼリーを作ってみよう

梅酒は甘く爽やかな味わいを持っており、女性からも大人気のお酒です。梅酒を使ってゼリーを作ることもでき

記事を読む

no image

ワインの楽しみ方(2)香り

ワインを楽しむ時には、ぜひ香りも楽しみましょう。ワインを香りによってテイスティングするという行為は非

記事を読む

no image

鹿児島人と芋焼酎

鹿児島はお米がとれにくい土地柄であるため、昔からサツマイモの生産が盛んです。そのため、貴重な米を消費

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

白ワインの効用

  白ワインは赤ワインとは違う意味において色々な健康効果を持っています。 &n

記事を読む

no image

夏にお勧めな梅酒の飲み方

夏バテ解消のために、効果的な梅酒の飲み方を考えてみましょう。   梅酒ソーダ

記事を読む

  • 2021年4月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑