*

古代からのビールの歩み

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 お酒, ビール ,

古代のビールと現代のビールはどこが違うのかと言うと、苦みと香りの成分であるホップが使われているかどうかというところに違いがあります。古代のビールにはホップがまだ使われていなかったため、今のビールと比べて非常に味気ないものだったと思います。したがって、飲んで味を楽しむと言うものではなく、酔うことによって得られる効用を目的として飲まれていたことが予想されます。

ホップが使われ始めたのは、8世紀ごろのバイエルン地方であるとされています。さすがはビール大国・ドイツと言ったところです。これによってビールには苦みと香りが加わり、殺菌作用ももたらされました。このころから、ビールを作るためにはホップが使われるという醸造方法がヨーロッパ中に広まり、ビールの醸造方法が確立されました。昔の人々はそれまでの長い間、味気ないビールを飲んでいたということですから、ビールにおける暗黒時代は非常に長かったといってもよいでしょう。

ちなみに、日本にビールが伝来したのは江戸時代の初期です。当時の貿易都市である長崎に伝わったのが初めてのことです。江戸時代末期に日本国内でも醸造が始まり、明治の文明開化とともに本格的にビール造りが始まりました。


sponsored link

関連記事

no image

梅酒を使ったカクテル(2)

・梅酒ジンジャー ホットでもアイスでも楽しめます。アイスならば氷にジンジャーエールと梅酒を注ぎ

記事を読む

no image

日本人と酒 6

これによって、ヤマタノオロチはすっかり酔い潰れ、前後不覚にねむりこんでしまいました。こうして一切の戦

記事を読む

no image

ブランデーの効用

ブランデーはフランスでは「命の水」と呼ばれています。なぜならば、ブランデーはポリフェノールが豊富であ

記事を読む

no image

カナダのお酒

カナダにはワインの産地があります。かの有名なナイアガラの滝の北東に位置するオンタリオ州であり、カナダ

記事を読む

no image

世界中で飲まれるワイン(5)

発泡性のワインは炭酸ガスを内包しており、3気圧以上のガス圧をもっているものはスパークリングワインとさ

記事を読む

no image

ビールのお供にザワークラウトを

ザワークラウトはドイツの国民食とも言うべきもので、ドイツ料理に頻繁に登場するキャベツの漬けものなので

記事を読む

no image

飲みニケーションのすすめ(2)

最近の若者はお酒をあまり飲まなくなってしまったというイメージがあります。仕事の後に飲み会に誘っても「

記事を読む

no image

黒ビールってなんだろう?(2)

○シュヴァルツ シュヴァルツはドイツ語で黒を意味しますが、これはドイツにおける黒ビールの代表格

記事を読む

no image

夏も焼酎を美味しく飲もう(2)

○オンザロック この飲み方は定番ですね。夏も冷えた焼酎を美味しく飲みたいものです。ポイントはで

記事を読む

Unknown

赤ワインの染み抜き

赤ワインを飲む際は、衣類にこぼしたりしないように注意を払って 飲まなければいけないと思います。

記事を読む

  • 2022年6月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑